ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 世界恐慌の懸念も、新型コロナウイルス関連倒産の多業種まとめ(3月30日更新)

世界恐慌の懸念も、新型コロナウイルス関連倒産の多業種まとめ(3月30日更新)

投稿日 : 2020.03.30

指定なし

ホテル関連ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い都市のロックダウンが欧米で拡大。経済活動への深刻な打撃は観光業に限らず多方面に広がり始めた。日本においても外出自粛要請が発せられ国内での人の移動も大幅に制限され始めた。3月30日現在の新型コロナ関連倒産まとめ。

首都封鎖の危機、国内客さらに減少、注目は経済対策第三弾

国境措置の拡大とイベント開催の自粛に加えて、土日や平日夜の不要不急の外出自粛要請によりインバウンド客に加えて、国内客も大幅に減少。

今後さらに感染が爆発的に発生すれば、緊急事態宣言による首都封鎖などの可能性についても「瀬戸際の状況」となっている。

ホテルやレストラン、小売店では倒産が日に日に増加している他、営業を短縮したり、休業する動きも広がっている。

他方で、安倍晋三首相は28日の記者会見において、「宿泊や飲食といった業界でも、売上げが8割、9割減ったところも多い」として厳しい状況の経済情勢に思い切った手を打つため、政府対策本部で緊急経済対策策定を指示し、2020年度補正予算案を10日程度で取りまとめ速やかに国会提出することを明らかにした。

感染拡大が抑制された段階で、旅行や運輸、外食、イベントなどを対象に、短期集中で大胆な需要喚起策を講じ、V字回復を目指す考え。

経済対策第三弾の具体化の行方によっても今後の企業の倒産動向に大きく影響を与える模様。

・ホテル

大阪国際交流センターホテルの運営を再委託にて行う関西スターリゾート(株)(資本金100万円、大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-6)は、3月23日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。大阪国際交流センターホテルは直接的なホテル運営受託会社のもと現在も営業。

木曽町の温泉宿泊施設「ホテル木曽温泉」を運営する合同会社おやど(資本金40万円、長野県木曽郡木曽町三岳9-57)は、3月19日付けで事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。自己破産申請の準備に入った。

世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルは新型コロナウイルスの感染拡大による旅行需要の大幅な減少により数万人の従業員に対して無給の一時帰休を開始したことがわかった。

有限会社田村屋旅館(資本金2000万円、福島県猪苗代町蚕養字沼尻山甲2855、従業員5名)は、3月6日に福島地裁会津若松支部へ民事再生法の適用を申請。業歴100年を超える老舗で震災と原発事故の風評被害対策に努めたが、今期の暖冬によるスキー客の減少と新型コロナウイルスの影響で力尽きた。

愛知県蒲郡市所在の(株)冨士見荘は本年2月21日までに事業を停止し、名古屋地裁豊橋支部への破産申請をした。新型コロナウイルスの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが相次ぎ、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した。

・飲食店

バイキングレストラン「運河亭」を経営していた(有)アライドフーズ(札幌市東区北24条東21-1-3、設立1990年2月、資本金600万円)は3月24日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士へ一任。今後、自己破産を申請する予定。

山梨県の給食用食材卸の(株)新和(資本金1,000万円、山梨県西八代郡市川三郷町市川大門2216-1)は、3月23日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

食堂のFC店運営の(株)セブンレストランシステム(資本金500万円、札幌市中央区南7条西15-6)は、3月20日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。新型コロナウイルス関連倒産は札幌市で初、道内3社目となる。

網走の老舗飲食店「鮨かっぽう花のれん」を運営していた株式会社花のれん(網走市南五条東2-1-6、資本金50万円)が破産。流氷で有名な観光スポットを背景にこの時期に外国人観光客が多く来店していたが繁忙期となるはずの今期に新型コロナウイルスが直撃、キャンセルが相次いだ。

北海道三富屋(株)(資本金1600万円、夕張郡栗山町杵臼274-3)は札幌地裁岩見沢支部より破産手続き開始決定を受けた。札幌市内開催イベントへの「くりやまコロッケ」の出店を行ったが、新型コロナウイルスの影響から来場者が伸び悩み集客に苦慮、先行きの見通しが立たず自己破産した。

・交通

沖縄本島や宮古島でレンタカー事業を運営していた株式会社ニューステップ(資本金500万円、那覇市具志3-27-9、従業員10名)は、3月23日に那覇地裁へ民事再生法の適用を申請した。九州・沖縄では初の新型コロナウイルス関連倒産となった。

観光バスやスクールバス、ハイヤーを運行する(有)味十商事(北海道浦河郡浦河町堺町東4-6-18)が業務休止。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客を中心とした観光バスやハイヤー利用者が激減、スクールバスの運行再開が見通せなくなった。約10名の従業員が解雇された。

・旅行会社

株式会社愛トラベル(広島市安佐南区川内6-44-32、設立1998(平成10)年6月、資本金5500万円、従業員22名)は3月10日までに事業を停止。新型コロナウイルス感染症の影響で予定したツアーの中止が相次ぎ、経営継続が不可能となり、広島地裁に自己破産を申請した。

・クルーズ船

ルミナスクルーズ(株)(資本金1000万円、兵庫県神戸市中央区波止場町5-6、従業員13名)は、3月2日に神戸地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全・監督命令を受けた。西日本初の「新型コロナウイルス」関連の倒産となった。

・航空会社

新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の減少で、航空業界としては初の関連倒産が発生。イギリスの地域航空会社のフライビー(flybe)は3月5日、破産を申請、全便の運行を停止した。感染拡大に伴う入国制限は各国で加速しており、同業界でさらに倒産が拡大する恐れがある。

・小売店

欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、世界20ヶ国以上で展開されファッション雑貨などを手がける英国の有名ブランド「ローラアシュレイ」が3月17日、破産を申請した。英国内では4施設のホテル運営やティールームの展開も行なっていた。

(株)シティーヒル(大阪市中央区博労町4-5-9、設立1988年6月1日、資本金5000万円)は本日3月16日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請。負債総額50億円。「マジェスティックレゴン」など全国及び中国などに100店舗以上を運営したが、暖冬や新型コロナウイルスの影響で来店客が減少した。

生活雑貨店「aideco」を経営していた(株)愛織(大阪市中央区本町1-6-16、資本金1500万円)は、3月3日、事業を停止し、破産手続きを開始した。暖冬と新型コロナウイルスが経営を直撃、来店客が減少していた。

・塾

富山県内の地場大手学習塾の一つ(株)志学アカデミー(資本金1000万円、富山市一番町3-20、従業員25名)は、2月29日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。

・娯楽

ゲーム機器販売・アミューズメント施設を運営する「エターナルアミューズメント」(東京都千代田区岩本町3-3-5、設立2007年6月1日、資本金4,800万円)は3月18日に事業を停止、東京地裁の破産申請を弁護士に一任した。東京初の新型コロナウイルス関連倒産となる。

・着物レンタル

着物販売やレンタルを京都で展開していた京洛和蒼株式会社(資本金1000万円、京都市下京区中堂寺庄ノ内町40-3)が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外国人観光客の急減に関連して、事業を停止した。

【合わせて読みたい】

コロナ対策でインフルエンザの流行は昨年比で大幅減少か

大阪国際交流センターホテルを再委託で運営の関西スターリゾートが破産

北海道でバイキングレストラン「アライドフーズ」コロナ倒産

山梨県の給食用食材卸の新和が倒産、一斉休校措置で需要急減

長野県木曽町の温泉宿運営「おやど」新型コロナ関連倒産

都内初コロナ倒産、娯楽施設「エターナルアミューズメント」

沖縄でレンタカーのニューステップ、九州沖縄で初コロナ倒産

北海道で飲食店経営、セブンレストランシステム倒産

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

網走寿司屋「花のれん」倒産、流氷観光期に新型コロナ直撃

道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討

マリオットが数万人の従業員を一時帰休、大量解雇の可能性も

ファッション雑貨、英ブランド「ローラアシュレイ」倒産

航空業界初の感染症関連倒産、英地方航空のフライビーが破産

シティーヒル、衣服小売「マジェスティックレゴン」新型コロナ関連倒産

影響長期化、新型コロナウイルス関連倒産の多業種まとめ(3月16日更新)

新型コロナウイルスの影響で猪苗代町の「田村屋旅館」が倒産

広島の旅行会社「愛トラベル」が破産、感染症でツアー中止

京都織物卸・着物レンタル「京洛和蒼」が訪日客急減で倒産

雑貨店「aideco」経営の愛織が倒産、暖冬・新型コロナウイルスの影響

志学アカデミー自己破産、新型コロナウイルスで予定模試中止

ルミナスクルーズが倒産、神戸港クルーズ船「ルミナス神戸2」運航

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

関連記事