ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マリオットが数万人の従業員を一時帰休、大量解雇の可能性も

マリオットが数万人の従業員を一時帰休、大量解雇の可能性も

投稿日 : 2020.03.19

海外

ホテル関連ニュース

世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルは新型コロナウイルスの感染拡大による旅行需要の大幅な減少により数万人の従業員に対して無給の一時帰休を開始したことがわかった。

同社は複数の運営ホテルの休業を先週から開始している。

医療給付を除く無給の一時帰休となる対象は清掃員から経営層までマリオットの従業員のすべての業種となっているという。

解雇の開始は現在のところ確認されていないが、今後実施される見込み。

マリオット・インターナショナルは世界132カ国に展開し、約7,000のホテルを運営する世界最大規模の米ホテルチェーン。従業員数は全米だけで約13万人、全世界で約17万人を誇る。

17日にWSJがはじめて報じ、CNNUSATODAYなど複数の米メディアが報じている。

【合わせて読みたい】

ファッション雑貨、英ブランド「ローラアシュレイ」倒産

航空業界初の感染症関連倒産、英地方航空のフライビーが破産

シティーヒル、衣服小売「マジェスティックレゴン」新型コロナ関連倒産

影響長期化、新型コロナウイルス関連倒産の多業種まとめ(3月16日更新)

網走寿司屋「花のれん」倒産、流氷観光期に新型コロナ直撃

JR北海道、新型コロナによる1月末-3月の減収額47億円

新型コロナウイルスの影響で猪苗代町の「田村屋旅館」が倒産

広島の旅行会社「愛トラベル」が破産、感染症でツアー中止

北海道バス「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

京都織物卸・着物レンタル「京洛和蒼」が訪日客急減で倒産

雑貨店「aideco」経営の愛織が倒産、暖冬・新型コロナウイルスの影響

志学アカデミー自己破産、新型コロナウイルスで予定模試中止

ルミナスクルーズが倒産、神戸港クルーズ船「ルミナス神戸2」運航

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻


関連記事