ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

投稿日 : 2020.03.07

北海道

ホテル関連ニュース

観光バスやスクールバス、ハイヤーを運行する(有)味十商事(北海道浦河郡浦河町堺町東4-6-18)が業務休止。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客を中心とした観光バスやハイヤー利用者が激減、スクールバスの運行再開が見通せなくなった。約10名の従業員が解雇された。

味十商事は2002年12月に設立。本社と札幌市内に事業所を構え、バス約10台、ハイヤー5台で、中国など外国人向け観光ツアーの貸し切りバス運行を中心に、ハイヤー、スクールバスの運行も手がけていた。

だが、新型コロナウイルスの感染拡大で外国人観光客のバスツアーのキャンセルが相次いだ。

また、浦河町内のスクールバスの運行も数年間にわたり手がけていた。同町教育委員会によると、スクールバスは町内の100名超の子供が利用し、1日に複数台を運行していた。しかし、小学校が一斉休校し、先行きを見通せなくなっていた。

「2月の売上はほぼゼロ」(同社)に落ち込み、営業休止を決断した。約10名の従業員は2月29日付で解雇した。

スクールバスの運行は年度更新で、味十商事は3月末の契約終了を前に運行断念を教育委員会に通知。2020年度の新規契約の入札は辞退している。

味十商事の関係者は、営業開始時期について「全く見通せない。社内では今年は無理ではないかと話している」とコメントした。

東京商工リサーチが報じた。

参考)

出典:北海道

【合わせて読みたい】

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

札幌市「新型コロナウイルス対応支援資金」道内に支援広がる

京都織物卸・着物レンタル「京洛和蒼」が訪日客急減で倒産

雑貨店「aideco」経営の愛織が倒産、暖冬・新型コロナウイルスの影響

志学アカデミー自己破産、新型コロナウイルスで予定模試中止

ルミナスクルーズが倒産、神戸港クルーズ船「ルミナス神戸2」運航

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

横浜中華街、クルーズ船問題で直近一ヶ月売上が前年比5割

関連記事