ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

関東 

  • 東横INN志木駅東口、2020年8月7日開業

    埼玉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.05.21

    東横インは「東横INN志木駅東口」(埼玉県志木市本町5-21-18、220室)を2020年8月7日に開業する。

  • 宿泊業者向け決済サービス「J-リザーブ」新型コロナ倒産

    (株)J-リザーブ(東京都中央区京橋2-6-14、設立1996年4月15日)は5月14日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

  • リーガロイヤルホテル東京がエコマーク取得

    リーガロイヤルホテル東京は、このほど公益財団法人日本環境協会が制定するエコマーク商品類型No.503「ホテル・旅館Version2.0」基準において認定を取得した。

  • ハイアット リージェンシー 東京、中国料理「翡翠宮」テイクアウト

    ハイアット リージェンシー 東京(東京都新宿区西新宿 2-7-2)の中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」では、人気の定番メニューをテイクアウトにて提供している。

  • ラスベガス・サンズがIRで日本市場への参入見送り

    ラスベガス・サンズは、日本におけるカジノを含む統合型リゾート開発(IR)の機会を追求しないことを明らかにした。

  • 医療関係者へ感謝と敬意を込めて、応援ライトアップ実施 

    「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」(東京都渋谷区)は、国内外で広がるブルーライトアップに賛同し、新型コロナウイルス感染症治療に尽力するJR東京総合病院や他施設で従事する医療関係者に感謝の意を表して、5月31日(日)までの期間、応援ライトアップを実施中。

  • ロイヤルパインズホテル浦和、真野 浩明氏が総支配人に就任

    ロイヤルパインズホテル浦和(さいたま市浦和区仲町2-5-1、196室)は、2020年5月1日付けで、真野 浩明(まの ひろあき)氏が総支配人に就任した。

  • 東京都、新型コロナ宿泊療養施設への最先端ロボット導入

    東京都では、新型コロナ感染症の宿泊療養施設に、最先端技術を活用し、宿泊療養施設の生活をより安全で快適な環境とするため、掃除ロボットや入居時の出迎えロボット、入居者・看護師の負担軽減につながるスマホを活用した健康管理アプリケーションを、新たに開設する施設に試行的に導入。

  • 横浜桜木町ワシントンホテル「横浜コラボ」崎陽軒シウマイ弁当付き宿泊プラン

    横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)は、株式会社崎陽軒の協力のもと、崎陽軒「シウマイ弁当」付き宿泊プランの販売を開始する。

  • 埼玉・熊谷「ホテルヘリテイジ」新型コロナ軽症者受け入れ

    新型コロナウイルスの感染が拡大し、入院患者が急激に増加した場合に備えるため、埼玉県では無症状者・軽症者の宿泊療養を進めており、(株)ヘリテイジリゾートと新型コロナウイルス感染症の無症状者・軽症者の受入れについて合意に至った。5月1日以降、準備が整い次第、開始する。