ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

ザ・リッツ・カールトン福岡、2023年春開業

マリオット・インターナショナルは、プロジェクトマネジメントを手掛ける積水ハウスを始めとする5社で構成される大名プロジェクト特定目的会社により開発される、国内7軒目となるザ・リッツ・カールトンブランド、「ザ・リッツ・カールトン福岡」を福岡・天神に2023年春に開業する。

京都初モクシーブランド「モクシー京都二条」2021年春開業

パシフィカ・キャピタルの関連会社である二条ホスピタリティは、「モクシー京都二条」を開業するため、マリオット・インターナショナルとフランチャイズ契約を締結。「モクシー京都二条」は、京都で初めてのモクシーブランドのホテルとして、2021年春の開業を予定。

星野リゾート 西表島ホテル、2019年10月1日リブランド開業

星野リゾートは、2019年10月1日、「ホテルニラカナイ西表島」(沖縄県竹富町・西表島)を「星野リゾート 西表島ホテル」としてリブランドオープン。全140室を備えた西表島最大規模のリゾートホテルで、コンセプトは「イリオモテヤマネコが棲む島のジャングルリゾート」となる。

世界連休カレンダー

【保存版】世界の祝日・休日・連休カレンダー 2019

【国内唯一】ホテル市場の全貌がわかる「ホテル業界マップ 2019」新サービス大幅追加、変化するホテル市場のトレンドを構造的に可視化

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、大好評の2018年版に続き、ホテル市場を網羅的に分析した「ホテル業界マップ 2019」を作成、2019年版では注目の新サービスを大幅追加!約300のサービスを無料で公開します。

  • 全国

  • 海外

  • new 住友商事、東急ホテルズが京都市東山区にミュージアムホテル

    京都府

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.17

    住友商事と東急ホテルズは、京都市東山区の小学校跡地に「ミュージアム・ホテル」をコンセプトとするホテルを出店することを決定。170室で2022年夏の開業を目指す。

  • new 「NIPPONIA HOTEL ⽵原 製塩町」2019年8月1日開業

    広島県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.17

    Rippleとバリューマネジメントは、江⼾時代に塩づくりや酒造業などで栄えた広島県⽵原市の町並み保存地区に、築約100年以上の古⺠家3棟を⾼級ホテルに改修した「NIPPONIA HOTEL ⽵原製 塩町」を2019年8⽉1⽇(⽊)開業する。

  • new ユニゾがHISによる株式公開買い付けに対して特別委員会設置

    ユニゾHDはHISが同社の普通株式を対象とする公開買付けを開始したことに関して、同買い付けが何らの連絡もなく一方的かつ突然に行われたものであるとして、7月16日開催の取締役会において、同社の意見を表明するにあたり独立性を有する社外取締役のみで構成される特別委員会の設置を決議した。

  • new 東横INN佐賀駅前、建て替え工事に伴い閉店

    東横インは、佐賀県佐賀市の「東横INN佐賀駅前」(佐賀県佐賀市駅前中央1-10-36、184室)が建て替え工事のため、2020年2月29日(土)の宿泊をもち閉店することを発表した。

  • new 「茶室ryokan asakusa」2019年7月20日開業

    東京都

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.17

    株式会社レッドテックが、花街の雰囲気が色濃く残る浅草観音堂裏エリア(奥浅草)でインバウンド向け「茶室ryokan asakusa(チャシツ・リョカン・アサクサ)」を2019年7月20日にソフトオープンする。

  • new 観光庁「観光×テック」テーマのコンテスト、10月1日開催

    観光庁は、「観光×テック」をテーマとしたピッチコンテストを10月1日(火)に都内で開催し、G20観光大臣会合で各国・国際機関の代表に紹介する革新的な民間の取組を発掘。観光分野の課題を解決するベストプラクティスを大臣会合の場で共有し、持続可能な観光の実現を目指す。

  • new 「ホテルフォルツァ金沢」2019年10月初旬開業

    石川県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.17

    エフ・ジェイ ホテルズは、「ホテルフォルツァ金沢」(石川県金沢市安江町、193室)を2019年10月初旬に開業予定。2019年10月7日(月)以降の予約に限り特別先行予約の受付を2019年7月16日(火)より開始した。

  • new 通訳機ポケトークがルートインホテルズ国内全305施設に導入

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.07.17

    ソースネクストは、2019年7月16日(火)より、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」がルートインホテルズ国内全305施設の接客ツールとして順次導入が開始されたことを発表した。

  • 【夏祭り:浜降祭】海の日7月15日開催、茅ヶ崎市ホテル展開

    日本の夏は祭りなしには語れない。神奈川県茅ヶ崎市では、毎年海の日に美しい湘南の西浜海岸に30を超える神輿が集まり、”浜を降り”海で禊を行う壮大な夏の祭典が行われる。30余の神輿が一同に集結するのは山車よりも神輿が中心であることが特徴の関東の祭りでも最大規模だ。

  • 地方公共団体による空の移動革命に向けた構想発表会

    経済産業省は、国土交通省と合同で、空の移動革命に向け意欲的に取組を進めている地方公共団体(都道府県)がその構想を発表する会を、8月2日(金)に開催し、日本における“空飛ぶクルマ”の実現を後押しする。

  • 共立メンテナンス、タイのシラチャにサービスアパートメント

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.12

    全国にビジネスホテル 「ドーミーイン」や学生寮・社員寮を運営する共立メンテナンスは、タイのバンコク南東のシラチャに日本人駐在員を対象としたサービスアパートメント『ドーミーレジデンス シラチャ』 を2019年7月16日よりオープンする。

  • 「相鉄フレッサイン ソウル明洞」2019年10月1日開業

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.07.08

    相鉄グループの相鉄ホテルマネジメントと Sotetsu International Korea Co., Ltd.は、2019年10月1日(火)に相鉄フレッサインブランドとして海外初となる「相鉄フレッサイン ソウル明洞」を開業する。

  • 阪急阪神、ジャカルタ商業・オフィス・ホテル複合施設参画

    阪急阪神不動産は、インドネシアにおいて、同国を代表する商業・オフィス・ホテルの複合施設「プラザインドネシアコンプレックス」及びJKT48劇場や映画館等が入居する商業施設「fX スディルマン」を保有・運営する現地事業体に出資、海外での複合施設等の運営・管理に本格参入する。

  • 宿泊予約売買サービス「Cansell」、東南アジアエリアへ拡大

    キャンセルしなければいけない宿泊予約を、誰でも簡単に売買できるサービスを提供するCansellは、本日2019年6月27日(木)より、新たに東南アジア5ヶ国(インドネシア・カンボジア・タイ・ベトナム・マレーシア)のホテル出品が可能になった。

  • ジャパン・エキスポ2019パリへ「京都市ブース」出展

    京都市は、7月4日(木)から7月7日(日)までフランスのパリ郊外で開催されるジャパン・エキスポにブースを出展。京都に関連したマンガ・ゲーム・アニメ等のポップカルチャーや、観光、伝統文化、伝統産業等の魅力を海外に発信、欧州からの観光客やクリエイター呼び込みをはかる。

  • シカゴの運輸局元長官Gabe Klein氏がビースポークのアドバイザーに就任

    ホテル、交通機関、自治体向けに多言語対応のAIチャットボット「BEBOT」を展開する株式会社ビースポークは、2019年6月24日付で、米国シカゴおよびワシントンDCの運輸局元長官、CityFi共同設立者であるGabe Klein氏がアドバイザーに就任したことを発表した。

  • 宿泊施設情報システムのタップがハノイに現地法人設立

    宿泊施設向けの情報システム専門会社のタップは、グローバル事業戦略の東南アジアにおける拠点として、100%子会社のベトナム現地法人、「TAP HOSPITALITY VIETNAM COMPANY LIMITED (タップ・ホスピタリティ・ベトナム社)」を設立した。

  • ANA、パリ・ノートルダム大聖堂再建に向け支援

    ANAセールスは、ノートルダム大聖堂の再建支援に対して、500万円超を在日フランス大使館に寄付した。

  • 「The Prince Akatoki London」2019年9月16日開業

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.06.14

    プリンスホテルは、海外で展開する新ラグジュアリーブランド「The Prince Akatoki」を冠したホテルの1号店について、名称を「The Prince Akatoki London」に、開業日を2019年9月16日に決定した。

  • 創業100周年のヒルトンが「ヒルトン・エフェクト財団」創設

    創業100周年を迎えたヒルトンは、次の100年を見据え、「ヒルトン・エフェクト財団」を創設する。同財団は、ヒルトンがビジネスを展開する地域社会に良い影響をもたらす組織や人々に投資することで安心して旅行できる、より良い世界をつくりあげることを目的とするという。

               

該当の記事がありません