ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

新型コロナ関連の最新ホテル倒産まとめ(7月1日現在)

県外観光が解禁された。他方で世界での新型コロナの終息には遠く、インバウンド再開の見通しは不透明。「新たな生活様式」のなかで、ホテルは国内集客と感染予防の両立に取り組む。2020年7月1日現在の新型コロナによる宿泊施設関係倒産まとめ。

新型コロナ死者40万人突破、他感染症の死者数、第二波対策は

新型コロナウイルス感染症による世界での死者数が40万人を突破した。かつて日本では死因の第一位で「白いペスト」として恐れられた結核や熱帯地域における脅威であるマラリアによる死者数はどれほどなのか。第二波の襲来や冬季インフルとダブル流行への懸念が高まる中でなすべき有効な対策とは。

新型コロナ死者30万人突破、過去のパンデミックの歴史と比較

新型コロナ死者数が30万人を突破。過去の歴史では、数十年に一度大規模なパンデミックは起きている。直近100年でも、1918年「スペイン風邪」、1957年「アジアインフルエンザ」、1968年「香港インフルエンザ」。また、毎年の季節性インフルエンザの流行。これらでどれほどの死者が出たのか。

加速するGoogleホテル広告からの直接集客、最新の動向は?

Googleが提供する、Googleホテル広告の展開が拡大、利用者数も年々右肩上がりで増加。宿泊業界において集客に欠かせない流入チャネルとなってきている。新型コロナの影響で宿泊業界は厳しい環境にあるが、有効に活用することで、コロナ後の売上回復の手助けとなりそうだ。

今期インフル終息、都内でも大成果、コロナ戦は超長期化か

全国での今シーズンのインフルエンザ流行が終息。厚労省は4月10日付けの流行レベルマップの公表をもって報告終了。感染者数は例年と比べ半減。新型コロナの感染拡大が続く都内においても、大きな成果を挙げた。新型コロナの動向とホテルの活用、「コロナ後」の経済社会システムを考える。

  • 全国

  • 海外

  • new 神奈川県が箱根ワーケーション特設ページ開設

    感染拡大防止のため、テレワーク等時間や場所にとらわれない柔軟で新しい働き方に注目が集まる。神奈川県は、箱根DMOと連携し、温泉観光地・箱根で、自然豊かな環境を生かしたワーケーションに取り組む宿泊施設を紹介する特設ページを、観光ウェブサイト「観光かながわNOW」に作成した。

  • new 4月延べ宿泊者数は前年同月比80.9%減、5月同84.8%減少も

    観光庁は、宿泊旅行統計調査の令和2年4月(第2次速報値)、令和2年5月(第1次速報値)の調査結果を取りまとめた。

  • new 観光庁が感染症対策で宿泊施設アドバイザー派遣事業

    観光庁では、「新しい生活様式」に対応しつつ高付加価値化・収益力向上に取り組んでいく宿泊施設の公募を開始した。感染症対策・収益力向上・高付加価値化に取り組む宿泊施設を応援する。

  • 「川越東武ホテル」2020年6月29日開業

    埼玉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.07.02

    東武鉄道及び東武ホテルマネジメントでは、東武東上線 川越駅から徒歩2分に「川越東武ホテル」(埼玉県川越市脇田本町8-2他、168室)を2020年6月29日(月)に開業した。

  • 新型コロナ関連の最新ホテル倒産まとめ(7月1日現在)

    県外観光が解禁された。他方で世界での新型コロナの終息には遠く、インバウンド再開の見通しは不透明。「新たな生活様式」のなかで、ホテルは国内集客と感染予防の両立に取り組む。2020年7月1日現在の新型コロナによる宿泊施設関係倒産まとめ。

  • ホワイト・ベアーファミリー、旅行業者として過去最大の倒産

    旅行業を展開する(株)ホワイト・ベアーファミリー(大阪市北区豊崎3-14-9、設立1981年5月、資本金8,375万円)と、関連のWBFホールディングス(株)(本社同所、設立2015年12月、資本金1,000万円)は本日6月30日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、開始決定および監督命令を受けた。

  • 星野リゾート、WBFホテルとスポンサー就任について基本合意

    星野リゾートは、本日2020年6月30日、WBFホテル&リゾーツ株式会社、WBFホールディングス株式会社、株式会社ホワイト・ベアーファミリーとの間でスポンサー就任についての基本合意書を締結した。

  • 「和光市東武ホテル」2020年6月11日開業

    埼玉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.06.30

    東武鉄道及び東武ホテルマネジメントでは、東武東上線 和光市駅に直結する複合商業施設内において宿泊主体型ホテルを展開、「和光市東武ホテル」(埼玉県和光市本町4-7、158室)を2020年6月11日(木)に開業した。

  • 「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」2020年7月9日開業

    東京都

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.06.30

    東武鉄道と東武ホテルマネジメントは、マリオット・インターナショナルと提携し、国内初進出のブランド「ACホテル・バイ・ マリオット東京銀座」の開業準備を進めており、今般2020年7月9日(木)に開業することが決定した。

  • 「変なホテル 奈良」2020年10月開業

    奈良県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.06.29

    H.I.S.ホテルホールディングス株式会社は奈良県では初開業、関西地区では5棟目、全国では17棟目となる、「変なホテル 奈良」を2020年10月に開業する。

  • アヤナホテルがビズネットと共同でバリの病院に医療物資寄付

    バリ島ジンバランエリアに位置するアヤナホテルは、アヤナホテルの関連企業でありインドネシアの通信を牽引するビズネットと協力し、5月に数千個の医療物資をバリの病院やコミュニティ4箇所に寄付した。

  • ハイアット新衛生対策「グローバルケア&クリーン」

    ハイアット ホテルズはこのほど、再び顧客をホテルに迎え、旅行体験を豊かにするための方針を発表。アメニティやサービスの刷新、安全性とウエルビーイングに注力する具体的なプロトコルや包括的な手順を取り入れ、従業員が自信を持って快適に業務を行えるようホテル滞在を再考した。

  • アスコット、ポストコロナの衛生基準「Ascott Cares」

    キャピタランドの宿泊ビジネス部門であるアスコットは、ポストコロナの将来に対応した安全な宿泊施設を提供し続けるため、清潔さと衛生基準を引き上げ展開する取り組み「Ascott Cares(アスコット・ケアーズ)」を発表した。

  • 法人向け新サービス、海外リモート出張代行「レンタルHIS」

    株式会社エイチ・アイ・エス法人営業本部は、法人企業が海外に出張先で行う案件や業務をHISの海外拠点スタッフが代行・サポートするサービス「レンタルHIS」の提供を6月1日(月)より開始した。

  • The Prince Akatoki Londonがインテリアデザイン部門最高賞を受賞

    プリンスホテルの子会社である StayWell Holdings Pty Ltdがロンドンで運営する「The Prince Akatoki London」が、世界中の優れた建築デザイン、インテリアデザイン、不動産開発プロジェクトを表彰する「Outstanding Property Award London」のインテリアデザイン部門で最高賞となる Platinum を受賞した。

  • UNWTO、今年国際観光客数60-80%減、1億人超の雇用危険

    海外

    ホテル統計データ

    投稿 : 2020.05.27

    国連世界観光機関(UNWTO)は世界の国際観光は第1四半期に22%減となり、通年で60~80%減となる可能性があり、観光からの輸出収入は9,100億米ドルから1.2兆米ドルの損失、観光の直接的雇用では1億人~1億2,000万人の雇用が危険にさらされているとした。

  • IHGが衛生基準を新定義「クリーンプロミス」立ち上げ

    IHG Hotels & Resortsは「IHG Clean Promise(クリーンプロミス)」を立ち上げ、安心・安全な滞在を提供し、ゲストエクスペリエンスの向上をはかる。

  • レンタカー大手「米ハーツ」新型コロナ破綻、営業は継続

    米レンタカー大手ハーツ・グローバルは5月22日、米連邦破産法11条の適用を米デラウエア州の破産裁判所に申し立てた。新型コロナ感染拡大に伴う外出・移動規制により顧客が急減し、経営破綻した。

  • ヒルトン、中国本土の全ホテルで営業再開

    ヒルトン アジア太平洋地域は、中国本土の全ホテルの営業を再開したことを本日5月18日に発表した。

  • ヒルトン、衛生基準を新たに策定、高度な衛生環境を提供

    ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区は、業界をリードする新たな衛生・消毒基準を策定し、世界各地のヒルトングループのホテルに導入するためのプログラムを発表した。

               

該当の記事がありません