ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

中国 

  • 広島県旅行割引プラン、10月1日から対象を中国地方+愛媛から日本全国に拡大

    広島県は中国地方5県と愛媛県居住者を対象に最大5割引(1名あたり最大15,000円円割引)する「広島県宿泊割引プラン」を10月1日から日本国内居住者に対象を拡大する。

  • 岡山県が5,000円割引の宿泊クーポンを発行 中四国9県を対象に

    コロナ禍によって減少した観光需要を回復すべく、岡山県は宿泊料金から5,000円を割り引くクーポンを発行することを発表した。対象は中四国9県で、9月14日から大手旅行予約サイトにて受け付け開始予定。

  • 県民限定、最大1万円割引!「岡山市応援旅 宿泊・グルメクーポン」9月14日開始

    岡山市は観光需要喚起のため、県民向けに「宿泊クーポン」と市内の飲食店で使用できる「グルメクーポン」を提供する「岡山市応援旅 宿泊・グルメクーポン事業」を9月14日から開始することを発表した。

  • ヴィアインホテルチェーンでサーマルカメラによる検温システム運用開始

    JR西日本グループが運営するヴィアインホテルチェーンで、非接触型サーマルカメラ検温システムの運用が開始された。8月下旬頃に全24店舗に設置完了予定。

  • リブマックス「岡山倉敷駅前」「広島平和公園前」相次ぎ開業

    リブマックスは「ホテルリブマックス岡山倉敷駅前」(岡山県倉敷市阿知1-5-13、63室)「ホテルリブマックス広島平和公園前」(広島県広島市中区大手町2-10-23、63室)を5月13日に相次ぎ開業した。

  • 山口・美祢「秋芳観光ホテル秋芳館」新型コロナ倒産

    (株)秋芳観光ホテル秋芳館(山口県美祢市秋芳町秋吉台1237-236、設立1952年10月、資本金1億円)は4月30日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任。秋芳ロイヤルホテル秋芳館(山口県美祢市秋芳町秋吉台1237-236、43室)を経営していた。新型コロナの影響でキャンセルが相次いだ。

  • 「萩グランドホテル天空」運営の長州観光開発がコロナ倒産

    観光ホテル「萩グランドホテル天空」(183室)を運営する長州観光開発(株)(資本金9000万円、萩市古萩町25、従業員69名)は、4月6日に山口地裁へ自己破産を申請した。萩市内最大のホテルで、山口県内初の「新型コロナウイルス」関連倒産。負債額も18億円に上がる。

  • 岡山・鳥取で旅館業運営の「トラベルシリウス」が倒産

    岡山県や鳥取県で複数の施設を経営している(有)トラベルシリウス(岡山県真庭市湯原温泉387-1、従業員40名)は、4月1日に岡山地裁へ民事再生法の適用を申請した。岡山県初の「新型コロナウイルス」関連倒産となった。

  • 西日本最大級のスキー場やホテル運営の瑞穂リゾートが倒産

    日本最大級のスケールを誇るスキー場で宿泊施設(40室)もある「瑞穂ハイランド」(島根県邑南町)を運営する瑞穂リゾート(株)(資本金1000万円、広島市西区南観音7-16-15、従業員24名)と複数のホテル運営を行う瑞穂商事などの3社は、3月31日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。

  • 「ホテルリブマックス岡山倉敷駅前」2020年4月7日開業

    岡山県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.03.14

    JR西日本不動産開発は開発を進めていたJR倉敷駅東NKビル(岡山県倉敷市阿知一丁目604番12)について4月7日に開業する。JR倉敷駅から徒歩約5分と交通利便性の高い立地。この利便性を活かし、ビジネス客をメインターゲットとした63室のホテルを開発、リブ・マックスが運営する。