ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

東北

  • イーハトーブ東北、古民家ステイ&カフェ「栗駒茶屋」開業

    パソナグループのイーハトーブ東北は、「古民家再生」による地域活性や交流人口拡大、観光客誘致を目指して、岩手県一関市 骨寺村荘園遺跡エリアに、古民家を改装した古民家ステイ(民泊)&カフェ『栗駒茶屋』を2019年6月22日にオープンした。

  • 国交省「地方鉄道の誘客促進事例集」28の事例を公表

    国土交通省では、各鉄道事業者や地方公共団体の参考となることを目的に、地方鉄道を核とした誘客促進の取組や、鉄道事業再構築事業者における経営改善の取組について、鉄道事業者へのヒアリング調査を実施し、「地方鉄道の誘客促進事例集」として取りまとめた。

  • 星野リゾート 青森屋、ほたての貝殻を手紙に「ほたてがみ」

    青森県三沢市の青森の文化を体験できる温泉宿「星野リゾート 青森屋」では、2019年9月1日から11月24日までの間、本物のほたての貝殻に文章を書き、実際に郵送できる「ほたてがみ」を実施する。宿泊者限定で500円のサービス。

  • パソナ「台湾×東北」イン・アウトバウンド促進支援

    パソナグループで東北におけるインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開するVISIT東北は、東北の自治体・事業者を対象に、台湾と東北のイン・アウトバウンド促進を支援する「台湾ワンストッププロモーションサービス」を本日6月17日(月)から開始する。

  • 【ラグビーWC会場】釜石鵜住居復興スタジアム周辺ホテル展開状況

    ラグビーワールドカップ 2019の開催が9月20日に迫っている。東日本大震災で大きな被害のあった岩手県釜石市だが、新日鉄釜石が昭和54年から昭和60年まで、V7を含む通算8度の日本一に輝くなどラグビー人気が極めて高い。釜石鵜住居復興スタジアムでは、2試合が開催される予定となっている。

  • 「R&Bホテル」名古屋駅前、仙台駅東口に2020年相次ぎ開業

    ワシントンホテル株式会社は、仙台市若林区に2020年4月「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」(全195室)を、名古屋市中村区に「R&Bホテル名古屋駅前(仮称)」(全237室)を2020年12月に開業するべく、ホテル建設を着工した。R&Bホテルは両店舗開業後、全国で25店舗となる。

  • 「三陸国際ガストロノミー会議2019」6月10日・11日開催

    岩手県では「三陸防災復興プロジェクト2019」の一環として、ガストロノミー(美食術・食文化)の視点からいわて三陸の魅力を再認識する「三陸国際ガストロノミー会議2019」を、2019年6月10日(月)・11日(火)に開催する。

  • 奥入瀬渓流ホテル、夏休みの自由研究に「苔キッズ」開催

    奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2019年8月1日~8月31日の期間限定で、夏休み中の子供に向けて、アクティビティ「苔キッズ」を開催。同ツアーでは、学ぶ、探す、観察するなどの体験を通じて苔について詳しくなることができる。

  • ホテルルートイン山形南-大学病院前-、2019年5月18日開業

    山形県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.05.20

    山形県山形市に、ホテルルートイン山形南-大学病院前-が2019年5月18日(土)開業した。山形市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • ホテルマイステイズ青森駅前、2019年5月16日開業

    青森県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.04.26

    株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、2019年5月16日(木)より「ホテルマイステイズ青森駅前(旧名ハイパーホテルズパサージュ)」(122室、青森県青森市新町)の運営を開始する。