ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

2019年 2月

  • 2018年国内旅行消費額、前年比2.8%減の20兆5,160億円

    ホテル統計データ

    投稿 : 2019.02.20

    観光庁は、旅行・観光消費動向調査の2018年年間値、10-12月期の調査結果を取りまとめた。調査の結果、2018年の国内旅行消費額は、前年比2.8%減の20兆5,160億円となった。

  • ホステル&バー「アンプラン・新宿」2019年3月28日開業

    株式会社FIKA(フィーカ)は、東京観光の中心地として人気の新宿において、2019年3月28日に都内最大級のホステル&バー「UNPLAN Shinjuku(アンプラン・新宿)」をオープンする。

  • 小田急グループがスリランカでリゾートホテル開発

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.02.20

    小田急電鉄、UDS、TAD、ステイジアキャピタルの4社は、スリランカにおいてリゾートホテルの共同開発に着手することを本日2月20日発表した。

  • マンダリンオリエンタル、NY新規レジデンス2021年開業

    マンダリン オリエンタル ホテル グループは、ニューヨークのマンハッタン地区内、5番街沿いの建造物内に誕生する69戸のレジデンスの運営受託契約を獲得し、マンダリン オリエンタル レジデンス 685 フィフス・アヴェニューとして2021年に開業する。

  • tripla、国内初のレンタカー多言語予約サービス

    triplaは、JR東日本レンタリースと協業し、国内初のチャットボットを活用したレンタカー会社における自社ウェブ即時予約サービスの提供を多言語で開始した。

  • IKIDANE、しまなみ海道にサイクリング専用宿泊施設

    IKIDANEは、サイクリストの聖地、しまなみ海道でサイクリストに特化したカフェホテル「IKIDANE CYCLIST HOSTEL & CAFE SHIMANAMI」を2019年5月に開業する。愛媛県今治市のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • チャットボットtalkappiが実現する外国人接客コンシェルジュ

    AIやIoT機器の普及により変貌を遂げるホテル業界の2019年。観光地やホテル、旅行会社といった旅行業のほか多方面で活躍するアクティバリューズ社の外国語対応の接客支援チャットボット「talkappi」について、そのサービスの特徴や今後の展開について、同社代表取締役社長の陳 適氏にお話を伺った。

  • otomo、三井住友海上と包括保険契約、ガイド向け休業補償プログラム

    otomo株式会社は、三井住友海上火災保険株式会社と包括保険契約を締結し、旅行者およびガイドがサービス利用中に遭った事故・トラブルを無償で補償する。また、ガイドが事故・トラブルにより就業不能となった場合の報酬を補償するプログラムを同社独自で開始する。

  • KNT、地域と連携したユニバーサルツーリズムの推進

    近畿日本ツーリスト首都圏は、成田空港活用協議会・(公社)千葉県観光物産協会・ちばプロモーション協議会と連携して、高齢の要介護者や肢体不自由がある人を対象とした、リフト付き大型バスで行く「早春の成田山新勝寺参拝と小江戸・佐原 さわら雛めぐりモニターツアー」を3月7日(木)に実施。

  • 外務省、駐日外交団の茨城県視察ツアー

    茨城県

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.19

    外務省は、茨城県との共催で、2月22日(金)に駐日外交団による茨城県への視察を実施する。

  • プリンス・川奈ホテル、2月20日一部客室改装開業

    プリンスホテルの静岡県伊東市に所在する川奈ホテルは、2018年3月より順次改装を進めており、2019年2月20日(水)に新本館山側客室36室をリニューアルオープンする。

  • 三菱地所「オンデマンド通勤シャトル」MaaS実証実験

    三菱地所とMONETは、次世代のモビリティ社会を見据え、MaaS(Mobility as a Service)の実現に向けた移動時間の変革に関する検討を開始。自動車の車内空間を有効活用し、これまでの「移動時間」を、働く時間や家族と快適に過ごす時間に変える、新たなモビリティサービスの検証を行う。

  • GRAND BASE HAKATA、2019年3月1日開業

    リクリエは、IoTや最先端のIT技術を駆使した宿泊施設のシリーズを展開。今回は第5弾として、宿泊施設「GRAND BASE HAKATA (グランドベース博多)」を、2019年3月1日、福岡市博多区古門戸町2丁目に開業する。

  • 本日開幕!「国際ホテルレストランショー HCJ2019」今年のトレンドと見ドコロは

    東京ビックサイト(東展示棟)にて2019年2月19日(火)より22日(金)まで開催される「第47回 国際ホテルレストランショー HCJ2019」が本日開幕。会場内は業界の最新のネットワークやモノ・情報を求める多くの人々で賑わっている。

  • 「上諏訪温泉 油屋旅館」リニューアル開業

    温泉旅館・リゾートホテルを運営する伊東園ホテルズでは現在、新規出店や既存ホテルのリニューアル改装工事を順次進めており、このたび長野県の諏訪湖畔に「上諏訪温泉 油屋旅館」がリニューアルオープンした。

  • 軽井沢ホテルブレストンコート「デセール・ド・サクラ」

    美食のホテル「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」は、2019年4月5日~21日の金・土・日曜日に、和菓子に着想を得たデザートコース「デセール・ド・サクラ」を提供。4月に桜が咲き始める軽井沢の春を演出する、特別な9日間。

  • 「コンフォートホテル山形」2月18日リニューアル開業

    チョイスホテルズジャパンは、2019年2月18日(月)、山形県山形市の「コンフォートホテル山形」をリニューアルした。山形市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • ブティックホテル「TSUKI」2019年4月18日(木)開業

    東京都中央区の築地駅近くに開業するアゴーラ・ホテルアライアンスの「TSUKI」は、美しい日本文化の本質を感じることができる31室のブティックホテルとして2019年4月18日(木)にオープンする。東京都中央区・周辺ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 大阪市中央区におけるホテル客室販売価格とイベント開催状況

    ホテルの客室販売価格の決定者は、周辺施設の販売状況やイベント開催状況などの外的要因、予算や前年比などの内的要因や経験を考慮しながら価格決定作業を行う。本稿では2018年大阪市中央区において特に客室販売価格が高かった日において、どのようなイベントが開催されていたのか探る。

  • triplaが提案するホテルのおもてなしと売上向上の秘策とは

    AIやIoT機器の導入・普及により変貌を遂げるホテル業界の2019年。宿泊業界に特化したITサービスを提供するtriplaのチャットボットを中心としたサービスの特徴や今後の展開などについて、同社代表取締役社長の高橋和久氏とセールスマネージャーの岩田尚史氏にお話を伺った。

  • 「&AND HOSTEL 」が浅草と三ノ輪に連続開業

    and factoryは、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」の7号店「&AND HOSTEL ASAKUSA」を2月1日に、8号店「&AND HOSTEL MINOWA」を2月15日に開業した。

  • オリックス不動産「黒部・宇奈月温泉 やまのは」3月1日改装開業

    オリックス不動産は、運営する「黒部・宇奈月温泉 やまのは」(所在地:富山県黒部市)のリニューアル工事を終え、2019年3月1日(金)より営業を再開する。

  • 阪急阪神第一ホテル、近畿5ホテルで日本料理「匠の饗宴」

    阪急阪神ホテルズは、2019年3月1日(金)より近畿圏直営5ホテルの日本料理店6店舗にて、共同グルメ企画 日本料理「匠の饗宴」を開催する。

  • 兵庫県篠山地区、観光客向けタクシー乗り放題サービス

    JR西日本、電脳交通、日本交通および篠山市は、地域の観光利便性向上を目指した新たな2次交通サービスの検討のため、兵庫県篠山地区において観光客向けのタクシー乗り放題サービスの実証実験を行う。

  • KNT、次世代モビリティシステム「空飛ぶタクシー」

    KNT-CTホールディングスは、次世代モビリティ市場である「空飛ぶタクシー」の市場参入を目指し、日本で唯一、オンデマンドでのヘリコプター手配(チャーター)とライドシェア(チャーターの相席便)のプラットフォームサービスを展開するAirX社と業務提携する。

  • 東京都、福島「被災地応援ツアー」旅行事業者向け説明会

    東京都及び公益財団法人東京観光財団では、東日本大震災や原発事故等による被害が大きな福島県の観光振興と地域経済の復興を継続して支援するため、「被災地応援ツアー」を2019度も引き続き実施。事業の活用を検討する都内旅行事業者を対象とした説明会を開催する。

  • JTBとウエスタンユニオンが国際資金決済ソリューション拡販

    海外

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.16

    JTBは、クロスボーダー・マルチカレンシー資金移動サービスのリーダーであるウエスタンユニオンと業務提携し、同社の教育機関向け国際資金決済ソリューション「WU® GlobalPay for Students」を両社で協力して拡販する。

  • 「東横INN大邱東城路」2019年5月3日開業

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.02.16

    東横インは、韓国大邱広域市に2019年5月3日、「東横INN大邱東城路(デグトンソンロ)」(215室)を開業する。2月15日予約受付を開始した。

  • 三菱地所「中日ビル」建て替え、ロイヤルパークホテルズ出店

    三菱地所グループは、中部日本ビルディング株式会社と株式会社中日新聞社が計画する名古屋市中区栄の「中部日本ビルディング(中日ビル)」の建て替えをグループでサポート。また、建て替え後のビルにはロイヤルパークホテルズが出店する予定。

  • 大和ハウス「沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)」

    大和ハウス工業は、沖縄県豊見城市(とみぐすくし)豊崎において、沖縄県初となる水族館を併設した大型複合商業施設「(仮称)沖縄豊崎タウンプロジェクト」を本格着手した。同市のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 観光庁「ユニークベニューシンポジウム」開催

    東京都

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.15

    観光庁は東京都港区の乃木會館・乃木神社において、ユニークベニューの活用をテーマとしたシンポジウムを2月25日(月)に開催。国内の先進的なユニークベニューの事例や有識者によるユニークベニューを活用したMICEにおける持続可能な地域連携のあり方をテーマにパネルディスカッションを行う。

  • マイステイズ「アートホテル盛岡」3月10日リブランド開業

    マイステイズ・ホテル・マネジメントは、2019年3月10日(日)より「ホテル東日本盛岡」(岩手県盛岡市)の名称を「アートホテル盛岡」に変更し、リブランドオープンする。

  • 荷物預かりサービスecbo cloak、西日本鉄道と提携

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.15

     ecboは、西日本鉄道と業務提携し、西日本鉄道が運営するソラリアステージ6Fの「SPACE on the Station」に荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を導入し、荷物の預かりを開始する。

  • 限定セミナー:急増するホテル供給の真相と競争激化に備えるデータ活用法、自社サイト予約の重要性と最新の集客手段とは

    メトロエンジンとtriplaが「国際ホテルレストランショー HCJ2019」開催中の東京ビックサイト近くの東京ベイ有明ワシントンホテルで「急増するホテル供給の真相と競争激化に備えるデータ活用法、自社サイト予約の重要性と最新の集客手段とは」と題する無料セミナーを2月22日(金)共同開催する。[満員御礼につき募集を終了いたしました。]

  • 軽井沢星野エリア「森のプライベートワインランチ」

    星野リゾートが運営する日帰り施設「軽井沢星野エリア ハルニレテラス」は、2019年5月10日~31日の毎週金・土・日曜日に、森のテラスでワインとデリ、たっぷりの野菜を味わえる「森のプライベートワインランチ」を販売。

  • 主要旅行業者の旅行取扱状況、2018年12月

    観光庁は2月13日、2018年12月分の主要旅行業者の旅行取扱状況を発表した。全体では前年同月比で104.4%と増加し、総取扱額が405,745,871(千円)となった。

  • 「ホテルインターゲート大阪 梅田」2021年春開業

    グランビスタ ホテル&リゾートは、ブランドステートメントである「地域の価値で、未来を変えていく。」を具現化するホテルブランド「INTERGATE HOTELS」の第5号ホテルとして「ホテルインターゲート大阪 梅田」を2021年春に開業する予定。

  • ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート「サンゴ保護活動プラン」

    ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート (沖縄県恩納村、客室数397室)は、4月1日(月)より新しいレジャーアクティビティとして「サンゴ保護活動プラン」を発売する。

  • ヤマト、福岡~由布院間「手荷物当日配送サービス」開始

    一般社団法人由布市まちづくり観光局、九州旅客鉄道株式会社、ヤマト運輸株式会社の3者は、福岡~由布院間における「手荷物当日配送サービス」を2019年2月15日から2019年5月31日の期間において試行的に実施する。

  • ANA、国内初、空港でトーイングトラクターの自動走行テスト

    豊田自動織機とANAは、2019年3月下旬に、約2週間にわたり、佐賀空港の専用空間において、国内初となるトーイングトラクター(空港や工場内、港湾等で、貨物を搭載したコンテナを牽引する車両)の自動走行テストを行う。

  • DMMとPwCが企業のアフリカ進出支援で協業

    DMM TRAVELとPwCサステナビリティは、本日2月13日、企業のアフリカ進出支援で協業を開始。アフリカへのビジネスマッチングツアーを開催し、CSV(共通価値の創造)型ビジネスを検討する企業に対し、マーケット情報の収集、ニーズ発掘、ビジネスパートナー候補との面会の機会を提供する。

  • 京急グループがホステル事業に新規参入、第一弾浅草エリア

    京急電鉄は、訪日外国人の増加にともない、需要の高まりが見込まれるホステル事業に進出。ホステルチェーンの名称を「“platform”でつながるホステル」、「“ぷらっと”気軽に利用できるホステル」というコンセプトの下「plat hostel keikyu」とし、新たに事業を展開する。

  • 純日本スパ「庵SPA天津」2月15日オープン

    ホテルスパ事業を行なう株式会社クレドインターナショナルは、純日本スパ「庵(アン)SPA(スパ)上海」を、中国・天津にある「ヒルトン天津 エコ シティ」に2019年2月15日にオープンする。「庵SPA」の中国進出は、昨年12月にオープンした上海に続く2店舗目。

  • サムティ「エスペリアイン大阪本町」2月15日開業

    サムティ株式会社は、同社開発ホテル第3弾となる「エスペリアイン大阪本町」を2019年2月15日(金)、大阪市西区に開業する。同区・周辺ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • シェラトン都ホテル大阪、12階フロア客室リノベーション

    シェラトン都ホテル大阪では、12階の客室フロア(50室)を全面改装し、2018年3月に改装した11階と同様の「プレミアムフロア」へリノベーションする。販売開始は、2019年3月7日(木)の予定。大阪市天王寺区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • グローバルエージェンツ「THE LIVELY福岡」7月開業

    グローバルエージェンツは、ホテル事業として全国で7棟600室のブティックホテル、ライフスタイルホテルを運営。この度、福岡県博多市に新しいライフスタイルブランドとなる「THE LIVELY(ザ ライブリー)福岡」を2019年7月開業する。

  • 「Cansellパートナープログラム」を日本旅館協会が推薦

    Cansell株式会社は、ホテル・旅館の経営を支援する「Cansell パートナープログラム」が、一般社団法人日本旅館協会の推薦プログラムとして認定されたことを発表した。

  • 自動運転車両、多摩市・三木市で実証実験

    国土交通省・内閣府では、高齢者等のモビリティ確保の観点から、ニュータウンにおける公共交通ネットワークへの自動運転サービスの社会実装に向け、東京都多摩市・兵庫県三木市にて今月、自動運転車両を用いた実証実験を行う。

  • 星のやバリ、朝日が差し込むジャングルで「空中ガゼボ朝食」

    インドネシア・バリ島ウブドの滞在型リゾート「星のやバリ」に、2019年3月1日、「空中ガゼボ朝食」が登場。新鮮な空気のなか、朝日が差し込むジャングルを見下ろす「カフェ・ガゼボ」で、バリの郷土食「テラン・ブラン」をアレンジした朝食を提供する。

  • シンポジウム 「観光立国と地域社会の創生に向けて」

    株式会社共同通信社は「観光立国と地域社会の創生に向けて」と題し、民泊の社会的役割と課題を考えるシンポジウムを東京都千代田区にて2月25日(月)に開催する。

  • ロイヤルホテル「リーガ中之島イン」全館リニューアル

    ロイヤルホテルの100%子会社であるリーガ中之島インは、年々増加する訪日客を中心としたグループやレジャー利用の需要に対応するため、同社が運営するリーガ中之島インを1981年の開業後初めて全館リニューアルし、「リーガプレイス肥後橋」として6月初旬にリブランドオープンする。

  • ホテル京阪 新天満橋(仮称)、2021年春に開業

    京阪ホールディングスのグループ会社である、株式会社ホテル京阪は、2021年春に「(仮称)ホテル京阪 新天満橋」(大阪市中央区)を出店する。大阪市中央区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • HIS、ゴールデンウィーク国内旅行予約動向

    HISは、ゴールデンウィーク(2019年4月27日~5月6日)の予約状況(2月4日時点まで)から、国内旅行動向についてとりまとめ、本日2月12日に公表した。

  • アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉2020年6月開業

    アパグループは、本日2月12日、アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉(愛知県名古屋市中村区則武一丁目204番、205番(地番))の計画地において起工式を執り行った。名古屋市中村区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 大和ハウス「GRANODE(グラノード)広島」4月1日開業

    大和ハウス工業は、現在、広島市東区二葉の里地区において、商業施設やオフィス、ホテルなどの複合施設を開発中であり、その施設名称を「GRANODE (グラノード)広島」に決定し、4月1日開業する。

  • 「都シティ 東京高輪」2月11日開業

    株式会社近鉄・都ホテルズは、新ブランド「都シティ」の第一号ホテルとして、東京都港区高輪に「都シティ 東京高輪」を、2019年2月11日に開業した。「高輪ゲートウェイ駅」にほど近い同ホテルの周辺ホテル展開状況とともにお送りする。

  • Airbnbグローバル交通責任者にフレッド・リード氏が就任

    世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnbは、このほどグローバル交通責任者にフレッド・リード氏が就任したことを発表した。

  • JTB、Peatixと資本業務提携

    JTBとイベント・コミュニティ管理サービスを提供するPeatix(ピーティックス)は、コミュニティ型イベントを通じた地域交流の活性化や、日常と旅の感動をつなげる新たな体験価値の創造を目指し、両者間で資本業務提携を締結した。

  • 第一ホテル東京、最上階ラウンジをリニューアルオープン

    東京新橋の第一ホテル東京の最上階にあるダイニングラウンジ「ラウンジ 21」がソムリエがセレクトする「日本ワイン」と料理のマリアージュを堪能できるラウンジとして 、2019年2月23日(土)にリニューアルオープンする。

  • KDDIがシェアフロント型コンパクトホテルに出資

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.10

    KDDIは、インバウンド需要のさらなる増加を見据え、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じて、訪日外国人グループ旅行に注力したシェアフロント型コンパクトホテル「mizuka (ミズカ)」を展開する株式会社Hostyに出資した。

  • 星のや竹富島「西表島ジャングルバトラー・春夏」

    沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」は、日本最後の秘境・西表島を熟知したガイドが島を案内するアクティビティツアーを開催。ツアーの内容やスケジュールは、ガイドが顧客の要望に合わせてアレンジする。

  • 星野リゾート界、地域ならではの「桃の節句」「端午の節句」

    星野リゾート 界では、2019年3月1日から5月31日までの期間、「桃の節句」と「端午の節句」の時期に合わせてその地域ならではの過ごし方を提案する。

  • 日本旅館協会、来日する補助犬使用者への対応呼びかけ

    日本旅館協会は、海外から短期間来日する補助犬使用者及び補助犬は、身体障害者補助犬法の規程による認定が行われておらず、補助犬を伴って施設等を円滑に利用できない恐れがあるとして、会員施設へ積極的に環境整備に取り組むよう求める呼びかけを行なった。

  • 昭和女子大学と東武鉄道が協働で観光型インターンシップ

    昭和女子大学(東京都世田谷区)と、東武鉄道 (東京都墨田区)は、東武沿線の観光地である日光市や川越市と協力して、産学共同で外国人留学生向け観光型インターンシッププログラムを企画・実施する。

  • 「東横INN富士河口湖大橋」2019年4月27日開業

    東横インは「東横INN富士河口湖大橋」(381室)を4月27日に開業予定。2月8日から予約受付を開始した。山梨県富士河口湖町のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE 佐世保」開業

    民泊事業を展開する楽天LIFULL STAYとHyAS&Co.が提供する戸建型宿泊施設 「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」は、本日2月9日、長崎県佐世保に、2月下旬には京都府木津川に新規開業する。

  • スマートホステル「&AND HOSTEL」日経産業新聞賞受賞

    and factoryが展開するIoT体験型宿泊施設「&AND HOSTEL」が、日本経済新聞社が主催する「2018年日経優秀製品・サービス賞」において、「優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞した。

  • 2019年世界のホテル投資は67億ドル超へ

     このほど発表されたJLL Hotels & Hospitalityの年次ホテル投資予測によると、2019年の世界のホテル投資額は67.2億USDで2018年の67.7億USDから概ね横ばいとなった。

  • 日本政府観光局(JNTO)「国際会議誘致・開催貢献賞」発表

    日本政府観光局(JNTO)は、2018年度「日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞」に、国際会議誘致の部で5件、国際会議 開催の部で9件、計14件の国際会議を選出した。

  • 観光庁「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」

    観光庁では、地域固有の文化、自然等を活用した観光資源を掘り起こし、磨き上げ、新たな体験型観光コンテンツを開拓・育成するため、「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」において、モデル事業やナレッジ集の作成を実施。同事業の成果報告会を3月6日(水)東京・日本橋で開催。

  • 「サービス」が高評価なホテルが、顧客から得る口コミの秘訣とは【東京都・ビジネスホテル編】

    ホテル業界でもよく用いられ、日本のホテル文化を象徴するような言葉「おもてなし」。その中でも、サービスにおいてクチコミ評価の高い宿泊施設の具体的な口コミのキーワードから、宿泊者から高い評価を得るための秘訣を分析する。

  • Relux、韓国初のホテル・レストラン予約アプリと提携

    海外

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.08

    宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を運営するLoco Partnersは、モバイルに特化したホテル&レストラン予約サービスを運営するDAILYと、日本国内の宿泊施設の予約サービスに関する業務提携を開始する。

  • 宮古島「ホテルシギラミラージュ」2019年4月開業

    ユニマットプレシャスは、世界屈指の美しい海と自然に囲まれた、琉球文化が息づく宮古島にて運営するホテルズ&リゾート「シギラリゾート」に、「ホテルシギラミラージュ」を2019年4月に開業する。

  • 東京・イスラエル間での初めてのチャーター便が運航

    東京(成田空港)とイスラエル(テルアビブ ベングリオン空港)との間で初めてとなる直行チャーター便の運航が開始される。昨年5月の日本・イスラエル首脳会談で、経済分野を含めた両国関係全体の強化促進を確認。民間ベースで、チャーター便実施に関する具体的な調整が行われてきた。

  • JR東日本スタートアッププログラムが「経済産業大臣賞」受賞

    JR東日本とJR東日本スタートアップは、このほどオープンイノベーションの優れたロールモデルを称える表彰「第1回 日本オープンイノベーション大賞」において「経済産業大臣賞」を受賞した。

  • 森トラスト、東京ワールドゲート「神谷町トラストタワー」

    森トラストは、東京都港区虎ノ門において開発を推進している国家戦略特別区域特定事業『東京ワールドゲート』の核となる、オフィス、ホテル、住宅、医療・商業施設等からなる複合施設『神谷町トラストタワー』(旧建物名称『虎ノ門トラストタワー』から名称変更)をこのほど上棟した。

  • 三井不動産「京都二条ホテルプロジェクト(仮)」2020年夏

    三井不動産は、本日2月7日、京都市中京区において推進中の「(仮称)京都二条ホテルプロジェクト」の施設計画概要を決定、これを公表した。開業は2020年夏を予定している。

  • 駅直結の2つの「ナインアワーズ」が大阪・福岡に開業

    ナインアワーズは、ビーロットと組み、2019年上半期中、大阪市浪速区と福岡市博多区に駅に直結するロケーションに2つの「ナインアワーズ」を開業する。

  • 「東京ベイ潮見プリンスホテル」2020年7月開業

    プリンスホテルが運営する東京都江東区潮見の新ホテルについて、ホテル名称を「東京ベイ潮見プリンスホテル」(全605室)に、開業予定月を2020年7月に決定した。同ホテルは、有限会社潮見ランドパークが開発し、プリンスホテルが運営する。

  • 訪日客が絶賛!チャットボット「Bebot」の魅力とは

    AIやIoT機器の導入・普及により変貌を遂げるホテル業界の2019年。「ガイドブックを超える体験の発信」をコンセプトに、AI活用スマホチャットのBebot(ビーボット) を提供するビースポーク社。そのサービスの特徴や今後の展開について同社代表の綱川明美氏と執行役員の長野資正氏にお話を伺った。

  • インバウンド旅行者向け、otomo紹介プログラム

    インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービス“otomo”を運営する、otomo株式会社は、このほど「otomo紹介プログラム」を開始した。

  • ecbo cloak、JR九州グループとの提携拡大

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.07

    荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営する、ecboは、JR九州グループの不動産管理会社である小倉ターミナルビルと業務提携をし、駅直結型の宿泊施設「JR九州ステーションホテル小倉」にて、2019年3月1日より荷物の預かりを実施する。

  • G20福岡開催記念 土産品・レストランメニュー募集

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.02.07

    福岡観光コンベンションビューローでは6月8日より福岡市にて開催されるG20財務大臣・中央銀行総裁会議に向けた新しい土産品、レストランメニューを募集する。

  • 国交省、東京都心部で自動運転バスの実証実験

    国土交通省は2月8、9の両日、都市部における自動運転バスの導入可能性や課題等を検証するため、「池袋における自動運転バスの実証実験」を実施する。

  • 「The Micro Museum Hostel 上野」2019年2月開業

    2019年2月東京 上野・鶯谷に一級建築士事務所 建築商売がプロデュースするコンセプチュアルホステル「The Micro Museum Hostel 上野」がオープンする。

  • 竹芝ウォーターフロント開発計画の名称が 「WATERS takeshiba」に決定

    JR東日本はこのたび、竹芝ウォーターフロント開発計画の計画地の名称を『WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)』 に決定した。文化・芸術を核とした、水辺を活かした複合型まちづくりを推進する。

  • JAPAN Trip Navigator、訪日客向けレストランWeb予約

    JTBと、ナビタイムジャパン、日本マイクロソフトが提供する訪日客向けのスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」は、日本美食と連携し、訪日客向けレストランオンライン予約サービスを提供する。

  • 業界初!「H.I.S.キャンセルサポート」販売開始

     HISは、三井住友海上火災保険と共同で「H.I.S.キャンセルサポート」を開発した。HISの全店舗・オンラインにて、海外旅行を予約した顧客を対象に、2月7日(木)より販売開始する。

  • 「嵐」コンサートチケット抽選結果の公表日まであとわずか

    人気アイドルグループのジャニーズ「嵐」が2020年12月31日をもって活動を休止すると発表してから1週間が経過した。ジャニーズで最もファンクラブ会員数が多い「嵐」だが、活動休止の発表後は会員数が急激に増加。日本全国が震撼した発表を受けて、宿泊需要がさらに高まることも予想される。

  • 宿泊施設関連協会が賀詞交歓会2019を開催

    一般社団法人 宿泊施設関連協会(JARC)が2月4日(月)、都内のホテルで「賀詞交歓会2019」を開催。パネルディスカッションと懇親会の二部構成で会場には130名の宿泊施設関係者が集った。

  • handy Japanが「hi Japan株式会社」へ社名変更

    ホテル向けスマートフォンレンタルサービス「handy」を展開するhandy Japanは、hi Japanに社名を変更した。また、2月1日付にて、hi Japanの代表取締役社長に、ピーター・リー氏が就任した。

  • 「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

    信和不動産とプレサンスコーポレーションは、マリオット・インターナショナルの日本初となるブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」(FAIRFIELD by Marriott)の開発事業を推進。新築工事は、信和建設株式会社が着手しており、2020年夏の竣工を予定。

  • プロパティ・パーフェクト社、キロロリゾート拡張計画公開

    タイの不動産開発会社のプロパティ・パーフェクト社は、この度、北海道の北後志(きたしりべし)エリア、余市郡赤井川村にある「キロロリゾート」における大型拡張計画の全容を発表した。

  • スペースデザイン、民泊×マンスリーのハイブリット運営

    スペースデザインは、この度、 2018年11月に民泊運営を開始したビュロー渋谷に続き、「ビュロー高輪」の住宅宿泊事業法(民泊新法)を活用した賃貸と民泊のハイブリット運営を2月1日より開始。従来の最短1カ月からの賃貸借契約及び、民泊として1泊からの宿泊も可能となる。

  • アパホテル、大田区「大森」駅前に大浴場付ホテル

    アパグループは、このほど「アパホテル〈大森駅前〉」(東京都大田区大森北1-1-1 (地番))の計画地において起工式を執り行った。同ホテルは、東京五輪直前の2020年6月開業予定の347室の大規模施設。

  • JR西日本「ヴィアイン博多口駅前」「ヴィアイン心斎橋四ツ橋」6・7月に相次ぎ開業

    JR西日本グループは、福岡市博多区において「ヴィアイン博多口駅前」を6月5日に、大阪市西区において、「ヴィアイン心斎橋四ツ橋」を7月1日に相次ぎ開業することを決めた。

  • 日本航空と野村総研、「JALデジタルエクスペリエンス」設立

    JALと野村総合研究所は、共同出資会社「JALデジタルエクスペリエンス株式会社」を設立し、最先端のデジタルマーケティング技術を駆使した新サービスを展開する。

  • 星野リゾート「BEB5 軽井沢」2月5日開業

    仲間とルーズに過ごすホテルをコンセプトとした「星野リゾート BEB5 軽井沢」が本日2月5日に開業した。

  • 神奈川県とソフトバンクがSociety5.0の実現に向け連携

    神奈川県とソフトバンクは、IoTや人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミー等第4次産業革命の社会実装によって、人口減少・超高齢化などさまざまな社会課題を解決する「Society5.0」の実現に向けて連携と協力を図るため、2月4日「連携と協力に関する包括協定」を締結した。

  • 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)、パシフィコ横浜で開催

    「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」(2019年8月28日~30日開催)が、このほどパシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:中山こずゑ)で開催されることが決定した。

  • 富山県高岡市、アパホテル〈高岡駅前〉起工式開催

    アパグループは、高岡駅前東地区再開発エリアにおいて富山県最大級のホテル&マンション一体開発アパホテル〈高岡駅前〉(全373室)及びプレミア〈高岡駅前〉レジデンス(全130邸)(地番:富山県高岡市下関町137-7)の起工式を2月4日開催した。

  • 磐梯山温泉ホテル、会津の祭り体験「あいばせ!踊らんしょ」

    星野リゾート磐梯山温泉ホテルでは、4月2日より、会津の祭りを体験できるイベント「あいばせ!踊らんしょ」を毎晩開催。 「あいばせ、踊らんしょ」とは会津方言で「一緒に踊りに行きましょう」の意。会津で親しまれている民謡「会津磐梯山(あいづばんだいさん)」を一同が円になって踊る。

  • 高知県観光活性化ファンドが「龍河洞みらい」に追加投資実行

    地域経済活性化支援機構のファンド運営子会社であるREVICキャピタルが四銀地域経済研究所と共同運営する「高知県観光活性化ファンド」は、持株会社型DMO「ものべみらい」を経由し、天然記念物「龍河洞」のマーケティング・運営統括業務を行う「龍河洞みらい」に追加投資を実行した。

  • 観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」

    観光庁は、2月1日から3月8日までの間、平成31年度「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」について、観光資源の多言語解説作成に係る支援を行う地域の公募を実施している。

  • 日本初!民泊とネットカフェのコラボ商品販売開始

    株式会社dotが大阪市中央区で運営する完全個室のインターネットカフェ「キャビNET」と、宿泊施設運営代行のファミネクトを運営する株式会社ファミリアリンクの「民泊施設」が、この度、訪日旅行者に快適な時間を提供することを目的にコラボ商品の発売を開始した。

  • コンフォートホテルが朝食会場を「ラウンジスペース」へ一新

    チョイスホテルズジャパンは、本日2月4日(月)、全国のコンフォートホテル、コンフォートインの「朝食コーナー」を「ラウンジスペース」へ一新、顧客のより自由きままなホテルステイをサポートする。

  • 2018年 最も「食事」の口コミ評価が高かったビジネスホテルとは【北海道編】

    宿泊予約サイトに投稿される口コミ評価は、ゲストが宿泊施設を選ぶ際の大きな判断材料の1つ。ビジネスホテルでも食事サービスは競争力を高めるうえでの重要な要素。今回は「北海道編」として、2018年で最も「食事」に関する口コミ評価が高かったビジネスホテルの戦略をお送りする。

  • JR東日本、伊豆エリアで日本初の観光型MaaS実証実験

    JR東日本グループは東急電鉄と、国内外観光客が鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる「観光型MaaS」の実証実験を伊豆エリアにて開始。JR東日本は小田急との連携も行い同事業を推進する。

  • 岐阜市とソフトバンク、ICT活用で地域活性化へ包括連携

    ソフトバンクは岐阜市と、未来に向けて持続可能で成長する都市づくりを目指し、地域活性化と市民サービスの向上に寄与することを目的とした包括連携協定を、2019年2月1日に締結。また同日、トヨタとの共同でモネ・テクノロジーズへ出資し、同事業を本格スタートさせた。

  • ホテル雅叙園東京、桜を歴史と共に愛でる「桜のおもてなし」

    2018年12月に創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京では、2019年3月より期間限定で桜尽くしのメニューや東京都指定有形文化財「百段階段」での企画展を開催する。

  • 「花咲くトマム」で花景色のライトアップ

    「星野リゾート トマム」は、2019年4月27日〜5月10日までの期間、「花咲くトマム」を実施。同イベントの目玉は、ホテルの中庭一面に広がる花景色「花咲くウェルカムコート」。今年は、その景色を夕暮れ時から夜にかけてライトアップし、花景色と花火の鑑賞を一度に楽しめるよう演出する。

  • 野生動物と遭遇率98.9パーセント「ワイルドサファリツアー」

    軽井沢で自然観察ツアーを開催する星野リゾート「ピッキオ」は、夜に高確率で野生動物を観察できる「ワイルドサファリツアー」を4月27日~10月31日 の日程で開催。通常は出会うことが難しい野生動物に高確率で遭遇、周囲の自然環境、動物の生態、希少性などについても学べる。

  • 「サービス産業動向調査」11月宿泊・飲食は売上微減

    総務省では、サービス産業の生産・雇用等の状況を把握し、GDPの四半期別速報 (QE)を始めとする各種経済指標の精度向上等に資することを目的として、サービス産業動向調査を実施。この度、2018年11月分結果(速報)を取りまとめ、公表した。

  • 三菱地所、協創を促すイノベーション拠点「Inspired.Lab」

    三菱地所とSAPジャパンは、社会課題を解決する新規ビジネスの創出を目的としたオープンイノベーションのためのコラボラティブスペース「Inspired.Lab」を、「大手町ビル」(東京都千代田区大手町1-6-1)に2月1日オープンした。

  • 小田急、観光人材派遣のヒューマニックHDを子会社化

    小田急電鉄は、観光地に特化した人材派遣サービス等を提供するヒューマニックの株式を保有する株式会社ヒューマニックHDの株式を取得し、1月31日に子会社化した。

  • オリックス、新ブランド 「ORIX HOTELS & RESORTS」

    オリックス不動産株式会社は、このたび、新たな旅館・ホテルの運営事業ブランドとして、「ORIX HOTELS & RESORTS」(OHR)を立ち上げたことを発表した。

  • 観光庁、民泊物件の適法性の確認結果を発表

    観光庁は住宅宿泊仲介業者及び旅行業者の昨年9月30日時点における住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく届出住宅等の取扱物件(41,604件)について、関係自治体において行った適法性の確認結果を取りまとめ2月1日、公表した。

  • 星のや京都「アクと香りを味わう、芽吹きの春」

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、 2019年3月1日~4月30日の期間、「アクと香りを味わう、芽吹きの春」をテーマに会席料理を提供する。

  • シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」本格稼働

    Carstay株式会社は2019年1月30日より、全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すシェアリングサービス「Carstay」の日本語と英語版ウェブサービスを本格稼働した。

  • 2018年のホテル客室販売価格とイベント開催状況を振り返る【さいたま市】

    ホテルの客室販売価格を決定者は、周辺施設の販売状況やイベント開催状況などの外的要因、予算や前年比などの内的要因や経験を考慮しながら価格決定作業を行う。2018年のさいたま市内において特に客室販売価格が高かった日において、周辺ではどのようなイベントが開催されていたのか振り返る。

  • レッド・プラネット・ジャパン、タイのホテル事業を買収

    レッド・プラネット・ジャパンは、1月30日、親会社であるレッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドからタイを拠点とするホテル事業を買収することを発表した。買収手続は、2019年第一四半期中に完了する予定。