ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

中部 

  • 都ホテル 岐阜長良川、営業再開へ笑顔マークのライトアップ

    都ホテル 岐阜長良川(岐阜県岐阜市長良福光2695-2、192室)は、5月31日(日)まで毎日、笑顔マークのライトアップを実施する。

  • アパが新潟駅前万代エリアに東日本最大のホテル&マンション

    新潟県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.05.21

    アパグループは、新潟駅前万代エリアにてアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉(1001室)及びザ・プレミア〈新潟駅 万代〉(212邸)(新潟県新潟市中央区万代5丁目地内)の起工式を行った。同社によると、ホテル&マンションの一体開発としては、ホテル(室数)・マンション(邸数)で東日本最大級。

  • 長野・佐久「ホテル一萬里」新型コロナ関連倒産

    ホテル一萬里(株)(長野県佐久市中込3150-1、設立1967年7月、資本金1,000万円)は5月4日、事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。長野県佐久市で2番目の規模を誇る「佐久一萬里温泉・ホテルゴールデンセンチュリー」(長野県佐久市中込3150-1、151室)を経営していた。

  • 石川・白山「インターシティホテル白山」運営社がコロナ倒産

    (株)ドライブセンター白山(石川県白山市徳丸町335-2、設立1960年9月、資本金1,000万円)は4月20日、事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。「インターシティホテル白山」(石川県白山市徳丸町335-2、64室)を運営していた。

  • 新潟・上越「タカダキャッスルホテル」コロナ倒産

    (有)タカダキャッスルホテル(新潟県上越市仲町4-5-7、設立1953年10月、資本金300万円、従業員9名)は4月21日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。新型コロナで利用客が激減、事業継続を断念した。同社はタカダキャッスルホテル(新潟県上越市仲町4丁目5-7、23室)を運営していた。

  • 帰国困難な訪日外国人に金沢と東京で宿泊無償提供「Room for Rescue」賛同施設募集

    金沢でKaname Inn Tatemachiを運営するSlacktide、東京でSakura Cross Hotelを運営するシェアードバリュー、東京でBONDS HOUSEを運営するLIFE BONDSの3社は帰国困難となった訪日外国人に宿泊施設を無償で提供する「Room for Rescue」を合同で行う。また、賛同施設も募集する。

  • 福井フェニックスホテルが新型コロナ軽症者受け入れ

    福井県福井市の福井フェニックスホテルは、コロナウイルス感染軽症者等の一時宿泊施設として福井県に提供される。民間施設の活用は同県内初で80室が提供される。

  • 岐阜県羽島市のHOTEL KOYOが新型コロナ軽症者受け入れ

    HOTEL KOYO(岐阜県羽島市舟橋町出須賀1-45、265室)は県内の無症状者及び軽症者の宿泊療養のための施設として、ホテルの全棟貸し出しを行うことを発表した。

  • 東横INN金沢兼六園香林坊が新型コロナ軽症者受け入れ

    東横INN金沢兼六園香林坊(422室、石川県金沢市香林坊2-4-28)は、新型コロナウィルスの軽症・無症状の感染者が宿泊療養する施設として、ホテルの一棟貸し出しを開始した。

  • 静岡で豆腐製造のトキワサンコウが新型コロナ関連倒産

    豆腐製造業者の(有)トキワサンコウ(静岡県浜松市東区原島町445、設立1999年11月、資本金300万円)は4月2日、静岡地裁浜松支部より破産開始決定を受けた。休校の影響で学校給食向けの売り上げが急減した。