ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 航空業界初の感染症関連倒産、英地方航空のフライビーが破産

航空業界初の感染症関連倒産、英地方航空のフライビーが破産

投稿日 : 2020.03.09

海外

ホテル関連ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の減少で、航空業界としては初の関連倒産が発生。イギリスの地域航空会社のフライビー(flybe)は3月5日、破産を申請、全便の運行を停止した。感染拡大に伴う入国制限は各国で加速しており、同業界でさらに倒産が拡大する恐れがある。

倒産したフライビーは1979年創業。英南西部のエクセター空港を拠点に、イギリスと欧州各国を結ぶ便を運航。

最盛期には欧州における民間の地域航空会社として最大規模を誇り、200以上の路線を運航し、年間利用客は800万人に達した。

スコットランドのローガンエア航空が、フライビーが運航していた中で16路線を引き継ぐ方針を示しているという。

BBCや米CNNなどが報じた。

航空需要の減少には、国内外への旅行者が減っていることに加えて、企業の出張の制限や展示会などのビジネスイベントが中止されたことも影響している。

日本を含めたアジアの地域航空会社は、新型コロナウイルスの発生源となった中国に大きく依存しているため、より大きな打撃を被っており、長期化すれば今後倒産が相次ぐ恐れがある。

日本政府は本日3月9日から中国・韓国からの入国者を実質的に制限する措置をとった。ヨーロッパでの感染拡大により日本人の海外渡航も大幅に減少が見込まれており、影響はさらに深刻化している。

【合わせて読みたい】

影響甚大、相次ぐ新型コロナウイルス関連倒産、多業種まとめ

北海道バス「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

京都織物卸・着物レンタル「京洛和蒼」が訪日客急減で倒産

雑貨店「aideco」経営の愛織が倒産、暖冬・新型コロナウイルスの影響

志学アカデミー自己破産、新型コロナウイルスで予定模試中止

ルミナスクルーズが倒産、神戸港クルーズ船「ルミナス神戸2」運航

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

横浜中華街、クルーズ船問題で直近一ヶ月売上が前年比5割

関連記事