ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル統計データ

  • 京都府・京都市ビジネスホテルの施設数・部屋数・稼働率の推移 2023年1月時点

    京都府・京都市のビジネスホテルの施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2023年の京都府ビジネスホテルの施設数・部屋数は右肩上がりの増加を続けています。施設数は54%の増加、部屋数は66%の増加です。 詳細な施設数は2023年1月時点で357施設(2019年1月時点:232施設)、部屋数は2023年1月時点で32,787室(2019年1月時点:19,790室)となって...

  • 京都府新規ホテル展開状況(2023年1月現在)

    2023年1月時点の京都府のホテル展開状況をお伝えする。 京都のホテル展開分布 メトロエンジンリサーチによると、京都府の新規開業ホテルの分布は京都市に集中している。京都府全体では京都市に集中。京都市内では中京区・東山区に集中。 京都の新規開業施設は京都市に集中 京都市に約63%が集中 現在の京都府の施設数は3691施設(うち京都市は3137施設)だが、2023年〜2026年にかけて京都府の新規開業...

  • 大阪府のビジネスホテルの施設・部屋数と稼働率の推移【2019年〜2022年】

    大阪のビジネスホテル施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2022年の大阪府ビジネスホテルの施設数・部屋数は右肩上がりの増加を続けています。施設数は34%の増加、部屋数は49%の増加です。 詳細な施設数は2022年12月時点で583施設(2019年1月時点:435施設)、部屋数は2022年12月時点で73,939室(2019年1月時点:49,697室)となっています。...

  • 大阪府新規ホテル展開状況(2023年1月現在)

    2023年1月時点の大阪府のホテル展開状況(増加客室数/2019年との比較)をお伝えする。 大阪のホテル展開分布 メトロエンジンリサーチによると、大阪府の新規開業ホテルの分布は大阪市に集中している。   大阪の新規開業施設は大阪市に集中 2023年の大阪はホテル開業ラッシュ 大阪府では2018年から2019年の1年間で8,891室が新たに供給されているが、2023年は14,172室が現時点で予定さ...

  • 東京23区ホテル新規展開(2022年12月時点)

    新型コロナウイルスの猛威から3年目に突入した2022年。10月から入国制限が撤廃されてマーケットが回復しつつある東京23区のホテル新規展開の状況をお伝えし分析する。 新規開業ホテル分布図 23区別施設数比較 施設数順のトップ5は以下の通りである。 施設数ランキング 1位 中央区 19施設 2位 港区 17施設 3位 台東区 8施設 4位 渋谷区 5施設 5位 大田区 4施設 ランキングから考えられ...

  • 東京23区ビジネスホテルの施設・部屋数と稼働率の推移【2019年〜2022年】

    施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2022年の東京23区ビジネスホテルの施設数・部屋数は右肩上がりの増加を続けています。その数、約1.3倍。詳細な施設数は2022年12月時点で961施設(2019年1月時点:743施設)、部屋数は2022年12月時点で122,865室(2019年1月時点:91,535室)となっています。   2019年1月 2020年1月 202...

  • 新型コロナウイルス関連倒産4,388件、ホテル・旅館は169件

    帝国データバンクは2022年4月28日16時時点の、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産について、全国で4,388件確認されていると発表した。そのうち「ホテル・旅館」は169件となっている。

  • ホテルの客室稼働率の目安は?計算方法や稼働率を上げる方法を紹介

    ホテル経営における重要指標のひとつが、「いかに客室が利用されているか」を示す「客室稼働率」です。客室稼働率はホテルの収益に直結するだけでなく、人員計画にも影響します。 そんな客室稼働率の計算方法や、客室稼働率を上げる方法などについて、わかりやすく解説します。 客室稼働率とは? 「客室稼働率」とは「一定期間における客室の利用状況」を示す数値で、「OCC(Occupancy rate)」と呼ばれること...

  • 日本全国ホテル展開状況(2022年6月現在)

    2022年6月現在の日本全国ホテル展開状況について、メトロエンジンリサーチより、施設数・部屋数の推移を、全体・カテゴリー別にお届けする。 日本全国の宿泊施設数は5.5万施設、部屋数170.2万室 (本調査では、大人専用施設を除外して集計を行った。)日本全国の宿泊施設数は、2022年6月現在、54,935施設、部屋数にして1,702,351室となった。 前回調査した2021年10月時点では、全国の宿...

  • 新型コロナウイルス関連倒産3,175件、ホテル・旅館は135件

    帝国データバンクは2022年4月15日16時時点の、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が、全国で3,175件確認されていると発表した。そのうち「ホテル・旅館」は135件となっている。