ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル統計データ

  • 京都府新規ホテル展開状況(2023年6月現在)

    2023年6月最新の京都府のホテル展開状況をお伝えする。 京都府のホテル展開分布 メトロエンジンリサーチによると、大阪府の新規開業ホテルの分布は京都市  東山区・中京区・下京区に集中している。 京都府の新規開業施設は京都市に集中 京都市に約100%が集中 2023年〜2026年にかけて京都府の新規開業施設は15施設・1,672室が予定されており、その全てが京都市に集中している。 京都市の新規開業施...

  • 令和5年の宿泊旅行統計:外国人旅行者の宿泊者数は前年同月比で大幅増

    観光庁が発表した宿泊旅行統計調査によると、令和5年3月および4月の全体の延べ宿泊者数は、それぞれ5,068万人泊と4,763万人泊となり、2019年同月比では3月は0.9%の減少、4月は6.1%の減少が見られた。一方、前年同月比では3月は51.5%の増加、4月は41.6%の増加となった。客室稼働率は、令和5年3月が全体で57.3%、4月が全体で55.6%であった。(出典:観光庁)

  • 京都ビジネスホテル分析:2023年5月の施設数・部屋数・稼働率を徹底調査

    京都府ビジネスホテルの施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2023年の京都府のビジネスホテルの施設数・部屋数は増加傾向にある。施設数は59%の増加、部屋数は71%の増加だった。 詳細な施設数は2023年5月時点で363施設(2019年1月時点:229施設)、部屋数は2023年5月時点で33,406室(2019年1月時点:19,540室)となっている。   2019年...

  • 2023年5月最新!大阪市&中央区ホテルトレンド:新規開業エリアの特性と魅力を徹底解説

    2023年5月最新の大阪市の新規開業施設について、その中でも中央区のホテルトレンド・考察をお伝えする。 大阪市の新規開業施設分布 メトロエンジンリサーチによると、大阪市の新規開業施設の分布は中央区・北区・浪速区に集中している。 中央区に新規開業施設が集中 大阪市内で新規開業施設が集中している中央区・北区・浪速区だが、その中でも中央区に新規開業施設が集中している。メトロエンジンリサーチによると、20...

  • 大阪府ビジネスホテル分析:中央区の2023年5月の施設数・部屋数・稼働率を徹底調査

    大阪府ビジネスホテルの施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2023年の大阪府のビジネスホテルの施設数・部屋数は先月に引き続き増加傾向にある。施設数は37%の増加、部屋数は56%の増加だった。 詳細な施設数は2023年5月時点で595施設(2019年1月時点:434施設)、部屋数は2023年5月時点で77,228室(2019年1月時点:49,494室)となっている。 ...

  • 2023年5月最新!東京23区&港区ホテルトレンド:新規開業エリアの特性と魅力を徹底解説

    2023年5月最新の東京23区の新規開業施設についての考察をお伝えする。 東京23区の新規開業施設分布 メトロエンジンリサーチによると、東京23区の新規開業施設の分布は港区に集中している。 なぜ、港区に集中しているのか? 既存施設数は現在3位の港区 2023年以降の新規開業施設が集中している港区だが、既存施設数は台東区、新宿区、港区に次ぐ3位(202施設)となっている。 順位 東京23区 既存施設...

  • 東京ビジネスホテル分析:港区の2023年5月の施設数・部屋数・稼働率を徹底調査

    東京23区ビジネスホテルの施設数・部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2023年の東京23区のビジネスホテルの施設数・部屋数は年々増加を続けている。施設数は30%の増加、部屋数は35%の増加だった。 詳細な施設数は2023年5月時点で969施設(2019年1月時点:743施設)、部屋数は2023年5月時点で123,747室(2019年1月時点:91,450室)となっている。...

  • 2023年5月最新!大阪市&浪速区・北区ホテルトレンド:新規開業エリアの特性と魅力を徹底解説

    2023年5月最新の大阪市の新規開業施設について、その中でも浪速区・北区のホテルトレンド・考察をお伝えする。 大阪市の新規開業施設分布 メトロエンジンリサーチによると、大阪市の新規開業施設の分布は浪速区・北区に集中している。 浪速区・北区に大型施設が集中 新規開業施設が集中している浪速区・北区には、大型施設が集中している。下記のデータは、メトロエンジンリサーチによる大阪市の新規開業施設を平均部屋数...

  • グランピング業界の今後の展望:アンケート結果から見る興味と懸念、市場拡大への道筋

    アウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営する株式会社フォーイットは、全国の10代~50代の男女2,000人を対象にグランピングに関するアンケートを実施し、男女別・年代別等の特徴についてまとめた情報を公開した。 「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語で、豪華な設備やサービスを備えたキャンプのことを指す。快適な過ごしが可能であり、自然の中でのアウトドア体験とホテルのような快適さを味わ...

  • 大阪ビジネスホテル分析:北区の2023年4月の施設数・部屋数・稼働率を徹底調査

    大阪市ビジネスホテルの施設数•部屋数の推移 メトロエンジンリサーチによると、2019年から2023年の大阪市のビジネスホテルの施設数・部屋数は年々増加を続けている。施設数は39%の増加、部屋数は56%の増加だった。 詳細な施設数は2023年4月時点で491施設(2019年1月時点:354施設)、部屋数は2023年4月時点で66,309室(2019年1月時点:42,080室)となっている。 &nbs...