ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル統計データ

  • 令和元年版の観光白書が公表、宿泊旅行動向について分析

    令和元年版の観光白書が本日6月21日に閣議決定され、公表された。最近の観光の動向や観光がもたらす経済効果を幅広い観点から分析するとともに、観光立国の実現に向けて講じようとしている施策を報告している。宿泊旅行動向についての分析をまとめた。

  • 【東京五輪会場:野球】横浜スタジアム周辺ホテル展開状況

    東京オリンピックにおいて、野球・ソフトボールが開催される横浜スタジアム。ベイスターズの本拠地でもある同球場は、改装により3,5000人を収容する。神奈川県横浜市中区に所在する同球場周辺ホテル展開状況をお送りする。

  • 観光庁、主要旅行業者の旅行取扱、4月前年同月比14.5%増

    観光庁は、本日6月12日に主要旅行業者の旅行取扱状況速報(2019年4月分)を発表。 海外旅行は対前年同月比123.4%。外国人旅行は対前年同月比107.4%。国内旅行は対前年同月比109.1%となり、GW10連休の影響により全方面で好調となった。

  • 【ラグビーWC会場】大分スポーツ公園総合競技場周辺ホテル展開状況

    ラグビーワールドカップ 2019の開催が9月20日に迫っている。大分県大分市の大分スポーツ公園総合競技場(昭和電工ドーム大分)では、優勝候補であるニュージーランド、ウェールズが試合をするほか、準々決勝を含む全5試合の開催を予定。4万人を収容する同競技場周辺ホテル展開状況とは。

  • 【ラグビーWC会場】釜石鵜住居復興スタジアム周辺ホテル展開状況

    ラグビーワールドカップ 2019の開催が9月20日に迫っている。東日本大震災で大きな被害のあった岩手県釜石市だが、新日鉄釜石が昭和54年から昭和60年まで、V7を含む通算8度の日本一に輝くなどラグビー人気が極めて高い。釜石鵜住居復興スタジアムでは、2試合が開催される予定となっている。

  • 観光庁、2019年GW10連休中の旅行動向調査

    観光庁では、長期休暇(10連休)が経済・社会に与える影響について検証を行うため、ゴールデンウィーク10連休中の旅行動向の調査を実施した。旅行に出かけた人は35%、30代が最も高く40%を超えた。旅行形態、宿泊先、予約の方法などの調査結果をお送りする。

  • 宿泊旅行統計調査、3月の延べ宿泊者数、前年同月比+9.8%

    観光庁は、このほど2019年3月第2次速報、4月の第1次速報を発表した。3月の延べ宿泊者数(全体)は、4,687万人泊で、前年同月比+9.8%であった。また、4月の延べ宿泊者数(全体)は4,804万人泊で、前年同月比+19.8%となった。

  • 【ラグビーWC会場】横浜国際総合競技場周辺ホテル展開状況

    ラグビーワールドカップ 2019の開催が9月20日に迫っている。決勝戦や日本対スコットランドなど多くの試合が開催される横浜市港北区の横浜国際総合競技場(日産スタジアム)周辺のホテル展開状況をお送りする。

  • 【東京五輪会場:体操】有明体操競技場周辺ホテル展開状況

    東京五輪で体操競技が実施される有明体操競技場。同施設は有明北地区に仮設で整備される会場。大会時には、約12,000人の客席数を有する競技場が建設される予定。オリンピックでは、体操・新体操・トランポリンが開催され、パラリンピックではボッチャ(障害者スポーツの一つ)が開催される。

  • 【東京五輪会場:陸上】新国立競技場周辺ホテル展開状況

    東京1964大会のオリンピックスタジアムであった国立競技場が、2020年までに新しい競技場に生まれ変わる。東京2020大会では、開・閉会式のほか、陸上競技やサッカーが行われる。オリンピックスタジアムとなる新国立競技場の周辺ホテル展開状況を追った。