ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

投稿日 : 2020.02.25

愛知県

ホテル関連ニュース

愛知県蒲郡市所在の(株)冨士見荘は本年2月21日までに事業を停止し、名古屋地裁豊橋支部への破産申請をした。新型コロナウイルスの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが相次ぎ、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した。

新型コロナウイルスで中国団体ツアーのキャンセル相次ぎ

同社は愛知県蒲郡市の西浦温泉で観光旅館「冨士見荘」(46室、愛知県蒲郡市西浦町大山17−1)を経営していた。三河湾を望む景観と新鮮な魚介類を売りに、2005年12月期には約5億5000万円の売上高を計上していたが、その後の業績不振により再度の資金ショートを起こし2013年8月に行き詰まりを表面化した。

その後も事業を継続し、特に近年は需要が高まる中国人ツアーの受け入れに注力。多くの中国人観光客が利用していた。こうしたなか、2020年1月、中国で急拡大した新型コロナウイルスの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが相次いだ。

春節の大型連休と重なることもあって、盛り上がりを見込んでいた需要が確保できなくなったため、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念したという。

東京商工リサーチが本日2月25日に速報した。

愛知県蒲郡市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、蒲郡市には宿泊施設が38、部屋数にして1,632室が提供されている。

同市内には20施設の旅館が展開しており多数を占めている。

同市内の客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同旅館は46室で同市内では16番目の規模の施設。

【合わせて読みたい】

エメラルドグリーンクラブ、民事再生法適用

稚内サンホテルが自己破産、北海道地震で予約キャンセル

東京グリーン開発が特別精算、歌舞伎町でカプセルホテル経営

老舗旅館が石川県粟津温泉で倒産続く

SK産業(旧・味匠)が破産、負債総額30億円超

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

ホテルリゾネックス名護が倒産、負債総額48億円

関連記事