ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

バケーションレンタル

  • 楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

    楽天ライフルステイとコンテナ建築を中心に施設管理や建築事業を行うデベロップは本日10月12日(金)、楽天ライフルステイが提供する民泊・簡易宿所向け「Rakuten STAY」のサブブランドとしてコンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の開発・販売に合意した。

  • 古河市古民家活用、ホームアウェイ 、楽天ライフルステイ連携

    茨城県古河市、一般社団法人茨城県古民家再生協会、ホームアウェイ、楽天ライフルステイの4者は、古河市内にある古民家等の歴史的建築物を活用した事業活動において連携・協力する。

  • グランドゥースが民泊運営でほっと保証株式会社と連携

    福岡を拠点に民泊運営に必要なサービスをワンストップで提供している株式会社グランドゥースは、民泊運営を検討しているオーナーの不安解消のために、ほっと保証株式会社と連携、年内に500室までの運営規模の拡大を図る。

  • 民泊物件数トップの札幌で、ホテルに求められるサービスとは

    札幌市の民泊物件は6月の民泊新法施行後、1,000件を超え全国の市区町村でトップとなった。ホテルは民泊とどのように差別化を図っていくのか。特に設備・サービスで高評価を獲得する「ベッセルイン札幌中島公園」の取り組みについて着目した。

  • 宅都ホールディングスとAirbnbが民泊事業で業務提携

    不動産管理・仲介・開発の宅都ホールディングスとAirbnb Japanは、住宅宿泊民泊事業の拡大と更なる普及を目指し、住宅宿泊及び賃貸事業に関する業務提携に合意した。民泊運用が可能な物件をホスト側に提供することで、住宅の民泊運用を促し、民泊市場の活性化と不足する宿泊施設の供給拡大を図る。

  • 民泊施設「NexStayHOUSE大阪ウェスト」開業

    NexStay合同会社は民泊施設「NexStayHOUSE大阪ウェスト」を2018年9月11日に伝法駅徒歩7分に開業。住宅宿泊事業法の許可済み物件で、USJまで電車で12分の立地でグループ旅行客や訪日客の獲得をねらう。大阪市此花区の民泊物件の提供状況と合わせてお届けする。

  • 楽天ライフルステイ、コンドミニアム型特区民泊施設、9月14日開業

    楽天ライフルステイが提供する民泊・簡易宿所向け運用代行サービス「Rakuten STAY」初のコンドミニアム型特区民泊施設「Rakuten STAY×ShaMaison 大阪出来島駅前」が、9月14日(金)より大阪市西淀川区で営業を開始する。

  • 三好不動産、Airbnbと提携し宿泊事業へ参入

    地場不動産管理の株式会社三好不動産は、Airbnbと業務提携し、民泊事業を含めた宿泊事業へ本格的に参入することを本日9月10日発表。自社管理物件を中心に民泊、簡易宿所の他、ホテル、スパリゾート等のラインナップを揃え、増加する空室を念頭にブランド展開する。

  • 別府市旅館ホテル組合連合会とエアビーが提携

    別府市旅館ホテル組合連合会とAirbnb Japanは、別府を訪れる日本国内外からの旅行者数を増大させる観光促進施策を推進することを目的とした覚書を締結したことを8月26日発表。日本国内で旅館ホテル組合がAirbnbと連携するのは初めて。

  • エアビーが「万里の長城」宿泊プランを一転中止に

    Airbnbが計画していた万里の長城に宿泊するプランの中止を発表した。この度、さまざまな意見を受け、同イベントを進めるべきではないという判断をし、イベントを中止する運びとなったという。