ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大阪国際交流センターホテルを再委託で運営の関西スターリゾートが破産

大阪国際交流センターホテルを再委託で運営の関西スターリゾートが破産

投稿日 : 2020.03.26

大阪府

ホテル関連ニュース

大阪国際交流センターホテルの運営を再委託にて行う関西スターリゾート(株)(資本金100万円、大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-6)は、3月23日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。大阪国際交流センターホテルは直接的なホテル運営受託会社のもと現在も営業。

大阪で3件目、ホテル運営では初の新型コロナ関連倒産

出典:大阪観光局

同社は、2019年11月に設立したホテル運営業者。

同社は2019年12月より大阪国際交流センターホテルの運営受託会社より業務を再受託されるかたちで事業を展開していた。

しかし、新型コロナウイルスの影響による予期せぬ利用者の減少やイベント中止、延期などの環境悪化から、事業はほぼ当初から頓挫。設立から日が浅く企業体力に劣るなか、先行きが見通せず、今回の措置となった。

なお、ホテルの所有者である大阪市の担当者は「直接的なホテル運営受託会社とは異なっており、ホテル運営に影響はない」とコメントしている。

大阪では雑貨店「aideco」経営の愛織、衣服小売「マジェスティックレゴン」運営のシティーヒルに続き3件目の新型コロナ関連倒産、宿泊施設関連としては初となる。

東京商工リサーチが報じた。

大阪市天王寺区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市天王寺区には宿泊施設が83、部屋数にして4,034室が提供されている。

新規開業予定も2施設、191室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

雑貨店「aideco」経営の愛織が倒産、暖冬・新型コロナウイルスの影響

シティーヒル、衣服小売「マジェスティックレゴン」新型コロナ関連倒産

北海道でバイキングレストラン「アライドフーズ」コロナ倒産

北海道で飲食店経営、セブンレストランシステム倒産

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

JR北海道、新型コロナによる1月末-3月の減収額47億円

網走寿司屋「花のれん」倒産、流氷観光期に新型コロナ直撃

山梨県の給食用食材卸の新和が倒産、一斉休校措置で需要急減

長野県木曽町の温泉宿運営「おやど」新型コロナ関連倒産

都内初コロナ倒産、娯楽施設「エターナルアミューズメント」

沖縄でレンタカーのニューステップ、九州沖縄で初コロナ倒産

影響世界規模、新型コロナウイルス関連倒産の多業種まとめ(3月23日更新)

道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討

マリオットが数万人の従業員を一時帰休、大量解雇の可能性も

ファッション雑貨、英ブランド「ローラアシュレイ」倒産

航空業界初の感染症関連倒産、英地方航空のフライビーが破産

新型コロナウイルスの影響で猪苗代町の「田村屋旅館」が倒産

広島の旅行会社「愛トラベル」が破産、感染症でツアー中止

京都織物卸・着物レンタル「京洛和蒼」が訪日客急減で倒産

志学アカデミー自己破産、新型コロナウイルスで予定模試中止

ルミナスクルーズが倒産、神戸港クルーズ船「ルミナス神戸2」運航

愛知県旅館「冨士見荘」新型コロナウイルスで初の経営破綻

3月自殺最多月間、新型コロナで先行き不透明の中、ブルーマンデーに要注意

関連記事