ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 愛媛・松山「奥道後 壱湯の守」が新型コロナ軽症者受け入れ

愛媛・松山「奥道後 壱湯の守」が新型コロナ軽症者受け入れ

投稿日 : 2020.04.24

愛媛県

ホテル関連ニュース

奥道後 壱湯の守(愛媛県松山市末町267、244室)では、愛媛県からの要請を受け、別館カメリヤビレッジ(67室)を新型コロナウイルス感染症の軽症者等の受け入れ施設として提供する。

同ホテルは関係各所と協議のうえ、衛生管理等については愛媛県や医療関係者の指導のもと、最大限配慮し対応するという。

なお、別館カメリヤビレッジは独立した棟として、他の建物から完全に分離しており、一棟提供という形で行うため、奥道後壱湯の守の他棟(本館、大浴場、三軒茶家、園内中央広場など)を利用のゲストと患者が同じ施設に滞在することはない。また、接点をもつことも一切ない運営となるという。

さらに、運営にあたっては、同ホテルの従業員が携わることもないとのこと。

メトロエンジンリサーチによると、愛媛県松山市には宿泊施設が167、部屋数にして8,169室が提供されている。

新規開業予定は3施設、部屋数にして556室が新たに供給される見込み。

同ホテルは244室で同市内で6番目の規模の施設。

【合わせて読みたい】

アパホテル石垣島、新型コロナ軽症者受け入れ

アパ「福島駅前」新型コロナ軽症者受入れ

アパ「佐賀駅前中央」が新型コロナ軽症者受け入れ

アパ「さいたま新都心駅北」新型コロナ患者受け入れ

アパ「横浜ベイタワー」新型コロナ患者受け入れ決定

アパ、新型コロナ無症状者及び軽症者の受け入れ

東横インがソウル、ウランバートルでも新型コロナ軽症者受け入れ

「東横INNウランバートル」2019年8月25日開業

東横インが札幌・那覇でも新型コロナ軽症者受け入れ

東横INN金沢兼六園香林坊が新型コロナ軽症者受け入れ

東横INN北九州空港が新型コロナ軽症者受け入れ

東横イン、新型コロナウイルスに対応する施設受け入れ

滋賀・大津「ホテルピアザびわ湖」新型コロナ軽症者受け入れ

福井フェニックスホテルが新型コロナ軽症者受け入れ

岐阜県羽島市のHOTEL KOYOが新型コロナ軽症者受け入れ

博多グリーンホテル2号館が新型コロナ軽症者受け入れ

成田ゲートウェイホテル、新型コロナ軽症者受け入れ

品川プリンス・イーストタワーが新型コロナ軽症者受け入れ

京都平安ホテル、新型コロナ軽症者受け入れ、府が施設募集

La楽リゾートホテルグリーングリーンがコロナ軽症者受け入れ

東京⻁ノ⾨東急REIホテル、新型コロナ軽症患者受け入れ

ホテルリブマックス姫路市役所前が新型コロナ軽症者受け入れ

スーパーホテル大阪天然温泉、新型コロナ軽症患者受け入れ

湘南国際村センター、新型コロナ感染患者の利用開始

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

今期インフル終息、都内でも大成果、コロナ戦は超長期化か

関連記事