ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東横インが札幌・那覇でも新型コロナ軽症者受け入れ

東横インが札幌・那覇でも新型コロナ軽症者受け入れ

投稿日 : 2020.04.21

北海道

沖縄県

ホテル関連ニュース

東横インは、「東横INN札幌すすきの南」(北海道札幌市中央区南6条東2丁目1-1、195室)、「東横INN那覇旭橋駅前」(沖縄県那覇市久米2-1-20、284室)での新型コロナ軽症者受け入れの開始を4月20日に発表した。同社は既存の受け入れ施設と合わせて全国7施設で感染者の受け入れをすることになる。

同社の新型コロナ感染者の受け入れ施設は以下の通りとなった。

・東横INN札幌すすきの南

・東横INN東京駅新大橋前

・東横INN成田空港本館

・東横INN金沢兼六園香林坊

・東横INN中部国際空港1

・東横INN北九州空港

・東横INN那覇旭橋駅前

メトロエンジンリサーチによると、札幌市中央区には宿泊施設が204、部屋数にして25,591室が提供されている。新規開業予定は18施設、部屋数にして3,073室が新たに供給される見込み。

また、沖縄県那覇市には宿泊施設が401、部屋数にして21,594室が提供されている。新規開業予定は2施設、部屋数にして387室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

東横INN金沢兼六園香林坊が新型コロナ軽症者受け入れ

東横INN北九州空港が新型コロナ軽症者受け入れ

東横イン、新型コロナウイルスに対応する施設受け入れ

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

今期インフル終息、都内でも大成果、コロナ戦は超長期化か

関連記事