ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 湘南国際村センター、新型コロナ感染患者の利用開始

湘南国際村センター、新型コロナ感染患者の利用開始

投稿日 : 2020.04.09

神奈川県

ホテル関連ニュース

本日4月9日に神奈川県は、新型コロナウイルス感染症陽性患者(無症状、軽症者が対象)に係る宿泊療養施設として、葉山町の湘南国際村センターの利用を開始した。

(株)湘南国際村協会が運営する湘南国際村センターは、神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39に所在しており、客室数100室。

運営スタッフは24時間常駐、看護師は日中滞在、夜間については電話対応ができる体制を整備。感染症に関する専門家の指導に基づきゾーニングを実施する。

同センターは緊急事態宣言を受けて臨時休館となる旨のお知らせを4月7日付けでHPに掲載している。

メトロエンジンリサーチによると、葉山町には宿泊施設が25、部屋数にして464室が提供されている。

同施設は同町では2番目の規模の宿泊施設。湘南国際村は国内外の人々が、緑豊かな自然環境の中で滞在しながら、研究や研修・文化交流・国際交流などを展開する拠点となっている。

【合わせて読みたい】

アパ、新型コロナ無症状者及び軽症者の受け入れ

東横イン、新型コロナウイルスに対応する施設受け入れ

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

関連記事