ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東横INN北九州空港が新型コロナ軽症者受け入れ

東横INN北九州空港が新型コロナ軽症者受け入れ

投稿日 : 2020.04.14

福岡県

ホテル関連ニュース

東横INN北九州空港(福岡県北九州市小倉南区空港北町2-4、239室)は、福岡県の要請に応じて、新型コロナウィルスの軽症・無症状の感染者が宿泊療養する施設として、4月13日よりホテルの一棟貸し出しを開始した。

同ホテルでは一般顧客は宿泊できないため、東横INN小倉駅南口、東横INN小倉駅新幹線口、車の場合は東横INN大分中津駅前を利用するよう求めている。

東横インでは、東横INN東京駅新大橋前、東横INN西船橋原木インター、東横INN成田空港本館、東横INN中部国際空港1での受け入れを開始しており、同ホテルは5施設目となる。

メトロエンジンリサーチによると、北九州市には宿泊施設が144、部屋数にして9,614室が提供されている。

北九州市小倉南区には宿泊施設が15、部屋数にして510室提供されており、同ホテルは239室で同区内最大のホテル。北九州空港から徒歩6分に位置する。

出典:東横INN北九州空港

【合わせて読みたい】

東横イン、新型コロナウイルスに対応する施設受け入れ

スーパーホテル大阪天然温泉、新型コロナ軽症患者受け入れ

東京都が新型コロナ軽症者の宿泊療養の宿泊施設募集

アパ「さいたま新都心駅北」新型コロナ患者受け入れ

アパ「横浜ベイタワー」新型コロナ患者受け入れ決定

アパ、新型コロナ無症状者及び軽症者の受け入れ

湘南国際村センター、新型コロナ感染患者の利用開始

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

今期インフル終息、都内でも大成果、コロナ戦は超長期化か

大阪府、ネットカフェ利用者への宿泊施設の提供事業者募集

関連記事