ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR北海道、新型コロナによる1月末-3月の減収額47億円

JR北海道、新型コロナによる1月末-3月の減収額47億円

投稿日 : 2020.03.15

北海道

ホテル関連ニュース

JR北海道は新型コロナウイルスによる北海道新幹線や特急列車の減便などによる1月末から3月までの減収予測を発表した。

北海道では、1月末の中国政府による団体旅行の中止命令や3月9日からの全国的な中国・韓国からの入国制限に加えて、北海道が全国でも独自に2月末に緊急事態宣言を発し外出自粛を要請したため利用者が急減している。

旅行需要が大幅に落ち込んでおり、JR北海道では北海道新幹線や特急列車、快速エアポートの減便により以下の通り大幅な業績見通しの減収予測の発表を行なった。

出典:JR北海道

1月下旬から3月末の減収額は47億円を見込んでいるが、事態の長期化により、減少額はさらに拡大する恐れが高まっている。

【合わせて読みたい】

網走寿司屋「花のれん」倒産、流氷観光期に新型コロナ直撃

道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

北海道初、新型コロナウイルス催事関連倒産、北海道三富屋

札幌市「新型コロナウイルス対応支援資金」道内に支援広がる

関連記事