ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「Q stay and lounge 上野」2020年1月20日グランドオープン

「Q stay and lounge 上野」2020年1月20日グランドオープン

投稿日 : 2020.01.14

東京都

新規ホテル情報

LS株式会社は東京・上野に、企画・運営を手掛けるホテル事業の1号店となる「Q Stay and lounge 上野(キュー ステイ アンド ラウンジ 上野)」をグランドオープンする。

カフェ&バー「Q Cafe」に続き、一般ゲストの宿泊受付開始

出典:LS

Q Stay and lounge 上野は、地上5階・地下1階のビルをリノベーションした全46ベッド、外国人観光客をメインターゲットとしたホステル。

既に昨年12月より、1Fに併設するカフェ&バー「Q Cafe」が先行オープンしており、周辺を訪れる人を中心とした多くの顧客に利用されているという。
そして現在プレオープン中のホステルにつき、1月20日(月)にグランドオープンする。

日本のホステル初の試みとして、多言語グループチャット「Kotozna Group Chat」を導入。自分のスマートフォン端末から母国語で打ち込んだメッセージが、AIを活用した機械翻訳技術により変換され、リアルタイムでスクリーン上に表示される。その場にいる誰もが母国語で、世界中から訪れる人とチャットを楽しめる。そんな、言語や国籍の壁を超え誰もが簡単につながることができる、新感覚のコミュニケーションを体験できるという。

出典:LS

また、ホステル内には、東京藝術大学の学生をはじめとするアートを志す若者によるアート作品を展示。施設全体を使った個展やインスタレーション、ワークショップやライブペインティングなどのイベントも、定期的に開催する。

また、本人に代わり情報の発信や作品販売の代行など、その活動を支援。若い才能が正当に評価されるための支援を行っていくという。

出典:LS

世界中さまざまな国から来日したスタッフが、数多く在籍。その国籍の総数は、なんと延べ20カ国以上。日本語、英語のみならず多様な言語での対応が可能なことはもちろん、さまざまなバックボーンを持ったスタッフが、その個性を活かしたコミュニケーションでゲストを迎える。1FのQ Cafeではインターナショナルな雰囲気あふれる空間の中、気軽に国際交流を楽しめるという。

​【同施設 概要】
名称:Q Stay and lounge 上野 (キュー ステイ アンド ラウンジ 上野)
所在地:東京都台東区東上野2-13-2
アクセス: 東京メトロ日比谷線、銀座線「上野」駅徒歩3分、東京メトロ日比谷線「仲御徒町」駅徒歩4分、JR線「上野」駅、「御徒町」駅徒歩8分、京成本線「京成上野」駅徒歩8分
規模:地上5階、地下1階
敷地面積:108.46㎡
延床面積:438.77㎡
設計:株式会社VIDA Corporation
収容人数:46名(ドミトリー:42名、個室:4名)

出典:LS

東京都台東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、台東区には宿泊施設が479、部屋数にして23,776室が提供されている。新規開業予定は68施設、部屋数にして5,926室が新たに供給される見込み。

同区内にはホステルが90施設と数多く展開している。

【合わせて読みたい】

「Q stay and lounge 上野」2019年12月開業

「ホテルタビノス浅草」2020年6月15日開業

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

関連記事