ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

投稿日 : 2019.07.02

東京都

ホテル統計データ

2020東京五輪開催に向けて、変貌を飛べる日本の首都東京。2019年7月現在の23区の施設展開数、客室数をランキング順にお送りする。

東京23区:1,849施設・18.1万室、新規開業は五輪後も

メトロエンジンリサーチによると、2019年7月現在、東京23区の宿泊施設展開数は1,849、部屋数にして181,223室となっている。

新規開業予定は245施設、部屋数にして34,126室と激増が続く見込み。新規開業予定には2020年夏の東京五輪以降の施設も多く含まれており、一過性の五輪需要だけがホテル建設へのインセンティブではないことがわかる。

23区客室数ランキングは以下の通り。

1位 港区 31,670室 178施設

2位 中央区 24,816室 181施設

3位 新宿区 22,001室 219施設

4位 台東区 21,076室 338施設

5位 千代田区 19,385室 127施設

6位 豊島区 11,475室 132施設

7位 品川区 9,068室 66施設

8位 江東区 8,426室 53施設

9位 大田区 8,078室 101施設

10位 渋谷区 7,888室 69施設

11位 墨田区 5,718室 95施設

12位 文京区 4,247室 36施設

13位 江戸川区 2,469室 32施設

14位 北区 2,215室 42施設

15位 目黒区 1,489室 22施設

16位 荒川区 1,303室 37施設

17位 足立区 1,098室 29施設

18位 葛飾区 914室 26施設

19位 杉並区 839室 20施設

20位 世田谷区 523室 25施設

21位 板橋区 506室 19施設

22位 練馬区 368室 7施設

23位 中野区 233室 17施設

なお、23区外でも八王子市(2,239室 36施設)、府中市(2,081室 30施設)立川市(1,759室 29施設)、町田市(1,589室 24施設)などでは、多くの宿泊施設を抱える。

【合わせて読みたい】

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年7月)

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年1月)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

関連記事