ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 仏ユネスコ世界遺産内、ホテルオークラ東京専用セラー

仏ユネスコ世界遺産内、ホテルオークラ東京専用セラー

投稿日 : 2018.12.13

東京都

ホテル内レストラン

ホテルオークラ東京は、2019年9月12日開業予定の「The Okura Tokyo」に向けたシャンパーニュ「ポメリー ブリュット・ロワイヤル マグナム」2,500本の専用エイジングセラー開設に伴い、世界遺産であるフランス シャンパーニュのポメリー メゾンカーヴで除幕式を行なった。

出典:ホテルオークラ東京

Hotel Okura Tokyo AGEING CELLAR

11月20日にフランス・ランスにて行われた除幕式には、ヴランケン・ポメリー・モノポールグループ 創立者兼代表取締役 ポール=フランソワ・ヴランケン氏、ヴランケン・ポメリー・モノポールグルー プオーナー夫人 取締役 ナタリー・ヴランケン氏、ポメリー最高醸造責任者 クレマン・ピエルロー氏、 ヴランケン ポメリー ジャパン株式会社 代表取締役社長 師井 研氏、株式会社ホテルオークラ東京 代表取締役社長 池田 正己氏が列席。

セラー入口には「Hotel Okura Tokyo AGEING CELLAR」と刻まれたプレートが掲げられた。 除幕式には、2017年に東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞を受賞したホテルオークラ東京の チーフソムリエである渡部 明央氏も同行し、専用セラーで熟成中のブリュット・ロワイヤル マグナムのテイスティングを行った。

ガロ・ロマーノ時代の石灰岩採掘場を利用した「クレイエール」と呼ばれるヴランケン ポメリー社 のカーヴは、シャンパーニュの中心都市ランスにあり、全長18㎞、深さ地下30mもある巨大な地下貯蔵庫で、2015年にユネスコ世界遺産に登録された。

年間を通じて一定の温度・湿度が保たれるこのカーヴの中で、「The Okura Tokyo」開業に向けて2,500本のマグナムが熟成を重ねていく。

【「The Okura Tokyo」概要】

開業予定日:2019年9月12日

延床面積:約180,000㎡

客室数:508室

レストラン・バー:レストラン5店舗、バー3店舗

宴会場:19室

【合わせて読みたい】

虎ノ門「The Okura Tokyo」2019年9月12日開業

関連記事