ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東横イン、新型コロナ感染拡大防止対策(6月3日更新)

東横イン、新型コロナ感染拡大防止対策(6月3日更新)

投稿日 : 2020.06.04

指定なし

ホテル関連ニュース

東横インは、新型コロナウイルスの感染予防ならびに感染拡大防止策を6月3日更新し発表した。

ホテル内における感染防止対策

出典:東横イン

・ロビーに消毒液を設置。

・ホテルスタッフのマスク着用を徹底。

・フロントカウンター部分に透明なシートやパネルの間仕切りを設置。

・ロビーやエレベーターなどの共用スペースにおいて、顧客が手を触れる部分にアルコール消毒を実施。

・共同浴場・サウナがあるホテルにおいては、利用を中止。

・無料朝食サービスは、部屋で食べられるよう、通常とは異なる形式で用意する場合がある。提供メニューが限られることがある。

・客室の清掃時は、事前の換気を行い、室内およびユニットバス内の家具・備品のアルコール消毒を徹底。

ホテル従業員に対する取り組み

・勤務中の手洗いうがいの実施を徹底。

・出勤前および勤務時間内に検温を実施。

・事務所や更衣室等の消毒を徹底。

顧客へのお願い

出典:東横イン

・来館時のアルコール消毒に協力をお願いする。

・チェックイン時、健康状態および渡航履歴などを確認。

・ホテル館内ではマスク着用に協力をお願いする。

・発熱、咳、嗅覚・味覚障害、倦怠感など自覚症状のある人は来館を遠慮するようお願いする。

・滞在中に体調が優れないと感じた場合は、近くのスタッフまでその旨を申し出る。

・接触機会を減らすため、支払いは事前のオンライン決済を勧める(200円割引)。当日支払いの場合はクレジットカードまたはQRコード決済を利用してもらう。

【合わせて読みたい】

東横イン、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応

プリンスホテル、新衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment」

藤田観光、各施設に「環境衛生スーパーバイザー」配置

IHGが衛生基準を新定義「クリーンプロミス」立ち上げ

星野リゾートが考える3密回避の旅、最高水準コロナ対策宣言

星野リゾート、大浴場の混雑度をスマホで「3密の見える化」

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン

アパが全ホテルに特別衛生検査官を配置、社内に衛生検査組織

ヒルトン、衛生基準を新たに策定、高度な衛生環境を提供

関連記事