ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン

投稿日 : 2020.05.15

指定なし

新型コロナウイルス関連

日本旅館協会等の宿泊施設関連団体は、新型コロナ感染症対策の基本的対処方針で、業界団体においてガイドラインを作成し、自主的な感染防止のための取組みを進めることとなっており、観光庁からの助言等を得ながらガイドラインを作成した。

同ガイドラインは、感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図った上で必要と考えられる対策を例示したものであり、各宿泊施設に対しては、地域の実情、施設の規模や業態等を勘案し、各施設の実情に合わせた対策を講じるよう求めている。

なお、同ガイドラインは、最新の新型コロナウイルスの予防に係る専門家の知見、宿泊客の要望、事業者側の受入環境等を踏まえて、必要な見直しを行っていくとのこと。

詳細は添付、宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版) (日本旅館協会)参照のこと。

【合わせて読みたい】

アパが全ホテルに特別衛生検査官を配置、社内に衛生検査組織

ヒルトン、衛生基準を新たに策定、高度な衛生環境を提供

東京都、新型コロナ宿泊療養施設への最先端ロボット導入

星野リゾート、運営施設における感染予防策

東横イン、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応

関連記事