ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾートが考える3密回避の旅、最高水準コロナ対策宣言

星野リゾートが考える3密回避の旅、最高水準コロナ対策宣言

投稿日 : 2020.05.18

指定なし

ホテル関連ニュース

国内外に42施設を運営する星野リゾートは、長期化するWithコロナ時代の旅の在り方として、徹底した3密回避の旅を提案。3密回避の対策は今後も進化させ、最高水準の新型コロナウイルス対策を目指していくことを宣言。

今般の新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、人々の移動や直接の交流が制限されている。ウイルス感染拡大の状況が落ち着いたとき、旅に求められるものは、安心して非日常を楽しむことだと星野リゾートでは考えているという。

日々ウイルス拡散の不安と戦い、ストレスを抱えている顧客のためにも、心を解放して過ごせる滞在を用意することが、今後の観光産業にできることだと信じているとのこと。

そこで、星野リゾートでは「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸を掲げ、各施設において従来のサービスを進化。

「3密回避」の軸では、顧客とスタッフ、顧客同士の視点で3密が発生しづらい環境づくりを進める。

「衛生管理」の軸では通常の清掃に加えての館内の除菌対応、スタッフや顧客の健康面の確認を主に行う。

星野リゾートでは、3密回避をホテルにおけるサービス規範として具体化する。

具体的な3密回避対策について

出典:星野リゾート

「チェックイン」
・客室でのチェックイン(フロントでのチェックインを一時的に中止)
人との接触を避けるため、客室まで直接案内し、客室でチェックイン。(星のや、界)
・入列規制
2m程度の間隔で並ぶ等、混雑を回避するようスタッフが配慮。(OMO、BEB、リゾナーレ)
・自動チェックイン機(OMO5東京大塚、BEB)
スピーディーなチェックインによる混雑緩和と、スタッフとの近距離の接触を回避。

「客室」
<設計>
・自然に換気がなされる開放的な設計
星のや軽井沢では天井の「風楼(ふうろう)」という通気口により、適度に自然の空気を取り入れる。
星のや竹富島の客室は南側に大きく開け放たれる窓を設置し、南風が通り抜ける造りになっている。
・客室内にアウトドア空間がある
星のや富士のテラスリビングはゆるやかに中と外を繋ぐ空間で、ソファなどを設ける。
リゾナーレ那須の本館客室は全室ウッドデッキ付き。那須の自然に囲まれる時間を過ごせる。
・客室内に露天風呂(温泉)がある界の多くの施設では露天風呂付きの客室があり、自分だけの空間で温泉を楽しめる。

「食事」
・レストランの混雑状況管理と入店時間の分散化
・ビュッフェ形式からセットメニュー、テイクアウト形式への転向(食事場所はレストラン、客室、パブリックエリアから自由に選択。)
・レストランテーブル席の間隔を2m程度に拡張
・半個室での料理提供(界(一部施設を除く)、星のや東京、星のや京都)

「温泉、大浴場、プール」
<温泉、大浴場>
・混雑状況の事前確認
顧客のスマートフォンでタイムリーに混雑状況が表示されるシステムを導入予定(6月~7月頃)

<プール>
・混雑状況の事前確認
顧客のスマートフォンでタイムリーに混雑状況が表示されるシステムを導入済。(リゾナーレトマム、リゾナーレ八ヶ岳)
・ロッカーの一部利用制限による入場人数の管理

「アクティビティ」
・広大な自然の中で開催
深呼吸アクティビティ(星のや)
畑やグリーンハウスで行うファーマーズレッスン(リゾナーレ那須)
空中散歩(リゾナーレ八ヶ岳、リゾナーレ熱海)
ファームエリアでの牧草ベッド(リゾナーレトマム)
渓流ガイドウォーク(奥入瀬渓流ホテル) など
・客室でできるアクティビティを用意
絵描きセット(界 仙石原)、こぎん刺しキット(界 津軽)、鹿沼組子キット(界 日光)
寄木細工キット(界 箱根)、NAGANO WINE紀行 *(界 松本)  *通常はロビーで実施

「パブリックエリア」
・パブリックエリアの席の間隔を2m程度確保
席の間引きや、サイン掲示等、席の間隔を確保。(全施設)
・キッズルームの利用人数制限
(リゾナーレトマム、リゾナーレ八ヶ岳、リゾナーレ熱海)

「チェックアウト
チェックイン同様、以下の取り組みを行う。
・入列規制
・自動チェックイン機(精算機)(OMO5東京大塚、BEB)

「衛生管理」面について

また、星野リゾートでは、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、顧客の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行う。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
全ての宿泊者を対象に、検温および海外渡航歴の確認。また、37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、宿泊を断る場合がある。
通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げを実施。特に、全客室の清掃は、手が触れる部分(ドアノブ、引き出しや冷蔵庫の取っ手類、リモコン、スイッチ類など)をアルカリ電解水で除菌清掃。
・館内各所での除菌用アルコールの設置
・レストラン入店時に全ての顧客へアルコール消毒の実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

出典:星野リゾート

【合わせて読みたい】

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン

アパが全ホテルに特別衛生検査官を配置、社内に衛生検査組織

ヒルトン、衛生基準を新たに策定、高度な衛生環境を提供

東京都、新型コロナ宿泊療養施設への最先端ロボット導入

星野リゾート、運営施設における感染予防策

東横イン、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応

関連記事