ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 箱根大涌谷 土砂崩れで温泉供給停止 復旧に約1週間

箱根大涌谷 土砂崩れで温泉供給停止 復旧に約1週間

投稿日 : 2021.07.06

神奈川県

ホテル関連ニュース

神奈川県箱根町の大涌谷の源泉地で土砂崩れが発生し、温泉を供給するためのパイプ施設が流されたことが明らかになった。

3日未明、箱根町仙石原の大涌谷で、大雨による土砂崩れが発生した。同町仙石原地区と強羅地区に温泉を供給している箱根温泉供給株式会社によると、この影響で水と蒸気を混ぜて温泉を造るための造成塔2本が流されたという。

高温の火山性ガスが噴出する火山地域である大涌谷一帯は、自然に湧出する温泉が少ない。一定の量を供給するため、大涌谷で噴出する蒸気に、地下から汲み上げた水を流し込むことでできた温泉を仙石原や強羅などの旅館にパイプを通して送っている。

出典:箱根温泉供給株式会社

6日現在、仙石原や強羅にある旅館やホテルへの温泉の供給ができない事態になっている。供給会社は「復旧にはおよそ1週間以上かかる」としており、国内有数の温泉観光地にとって大きな打撃になりそうだ。

箱根温泉供給株式会社:温泉の供給停止について

合わせて読みたい
  • 箱根町が宿泊税の導入を検討ー宿泊税導入の...

  • 箱根町が2017年入込観光客数を発表、火...

  • 2019年箱根町の観光客数、3年ぶりに2...

  • 大涌谷の噴火から2年、宿泊客100万人減...

関連記事