ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「安心お宿 名古屋錦3丁目店(仮称)」2019年12月開業

「安心お宿 名古屋錦3丁目店(仮称)」2019年12月開業

投稿日 : 2018.12.10

愛知県

新規ホテル情報

ホテル、ブライダル、テーマレストラン、自主企画イベント&ツアーの開催など各種レジャー産業の企画運営を行なっているサンザは、三十三フィナンシャルグループの三重銀総合リースの建物リースを活用し、大和ハウス工業施工の下、2019年12月に名古屋に「安心お宿」を初出店する。

名古屋に初進出、地元密着型のカプセルホテル

「豪華カプセルホテル安心お宿 名古屋錦3丁目店(仮称)」は、名古屋随一の繁華街と言われている「錦三」の立地に誕生。

ホテル入り口はバリの割れ門をモチーフにしており、モダンバリ調でまとめられた内装は、大人の隠れ家リゾートを彷彿とさせる。最上階には天空ラウンジがあり、錦の街を一望してもらう他、収益性を犠牲にしても男性・女性のサービススペースを完全に分離することで、男女別の顧客目線・セキュリティにも配慮。

女性も安心して利用できるフロア構造を実現。ビジネスや観光で名古屋に訪れる人だけでなく、地元密着型ホテルとして、名古屋のビジネスパーソン、スタートアップ企業にも疲れた心身を浄化する、カプセルホテル本来の「利便性」と「快適性」を追求したカプセルホテルのアップデートサービスを提供する。

出典:ニュートン

【同ホテル 概要】

所在地:愛知県名古屋市中区錦3丁目1920番

アクセス:名古屋市営地下鉄東山線、名城線、名古屋鉄道瀬戸線、「栄駅」徒歩3分

延床面積:710坪、規模:地上11階建

客室数:男女376ベッド(予定)

付帯施設:天空ラウンジ、大浴場、高温ミストサウナ、女性専用岩盤浴

着工:2018年7月25日、竣工予定:2019年11月30日、開業予定:2019年12月

建物所有者:三重銀総合リース株式会社、施工者:大和ハウス工業株式会社、事業者:株式会社サンザ

名古屋市中区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、名古屋市中区には宿泊施設が105、部屋数にして16,394が供給されている。新規開業予定は12施設、部屋数にして1,949が新たに供給される見込み。

同区では名古屋駅に至近の伏見駅や栄駅周辺でのホテル開発が進んでいる。

同区のカプセルホテルの平均客室単価は4,425円(2018年12月現在)とカプセルホテルとしては比較的高価な価格設定がなされている。

【合わせて読みたい】

アパグループ、名古屋駅前にホテル開発用地を取得

「ホテルJALシティ名古屋錦」2019年1月18日開業

新ブランド「ニッコースタイル名古屋」2020年開業

アパホテル〈名古屋栄北〉 本日9月4日開業
D-CITYブランドが女性ターゲットに名古屋市中区で8月1日開業
【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

京都初カプセルホテルに「親子宿泊プラン」登場

関連記事