ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > D-CITYブランドが女性ターゲットに名古屋市中区で8月1日開業

D-CITYブランドが女性ターゲットに名古屋市中区で8月1日開業

投稿日 : 2018.07.31

愛知県

新規ホテル情報

大和ハウスグループの大和リゾート株式会社は、2018年8月1日、D-CITYブランドの3店舗目として名古屋市中区に「ダイワロイヤルホテルD-CITY 名古屋納屋橋」を開業。女性を主なターゲットに、女性専用の浴場や専用フロア・ルームを提供する。

出典:大和リゾート

ダイワロイヤルホテルD-CITY 名古屋納屋橋
同ホテルは、名古屋市伏見エリアに立地し、地下鉄東山線伏見駅より徒歩5分、オフィス街に隣接する。
客室は一般的なビジネスホテルのような落ち着いた内装ではなく、パステルカラーを使用したデザインが特徴。
「ナゴヤドーム」やライブエンターテイメント会場の「Zepp NAGOYA」、「名古屋四季劇場」などに、全国から訪れる女性の顧客をターゲットに、最上階にはレディースフロアを設け、女性専用の浴場や半個室のパウダールーム、女性同士で楽しく「お泊まり会」ができる広々とした「レディースフォースルーム(最大4名利用)」など、「癒しの空間」を提供する新感覚ビジネスホテルとなる。
さらに、アメニティの無料サービスや、インバウンドに対応した海外通信サポート、美容や健康を意識した各種アイテムを取り入れ、快適な宿泊をサポートする。

レディースフロア(最上階14階)

「ダイワロイヤルホテルD-CITY 名古屋納屋橋」では、女性専用のレディースフロアを設け、清潔感あふれる女性専用浴場や脱衣室にダイソン製のドライヤーの導入、半個室のパウダールームを併設するなど、女性に喜ばれるアイテムをいたるところに採り入れている。
また、複数の女性での宿泊の際にも客室で楽しめるよう、ローソファでゆったりと寛げる「レディースフォースルーム(最大4名利用)」を用意。女性同士の「お泊まり会」など、普段の利用とは違った宿泊も可能となる。

出典:大和リゾート

雑誌150誌以上が読めるアプリ「dマガジン」を導入
客室には、国内と海外5カ国(アメリカ・イギリス・イタリア・オーストラリア・香港)への通話が24時間どこでも使用できるハンディフォン「handy」を設置。
また、多彩なジャンルの人気雑誌150誌以上が読めるアプリケーション「dマガジン」を導入し、館内であれば「handy」や宿泊客自身のスマートフォンで無料閲覧可能。
他にも、エアウィーヴ製ベッドマットレスや、日常の疲れを癒す「マッサージクッション」(一部エアソファ)も完備するなど、インテリアデザインとともに、リラックスできる時間を提供する。

出典:大和リゾート

所在地は、名古屋市中区栄1-2-27。全246室。
料金は一泊朝食付き、7,500円〜12,500円ほどとなっている。

D-Cityブランド大阪・名古屋から全国へ
大和リゾートのD-Cityブランドの展開は、2018年4月の大阪市福島区の「ダイワロイヤルホテル D-CITY 大阪新梅田」、2018年5月の大阪市北区の「ダイワロイヤルホテル D-CITY 大阪東天満」に続き、3店舗目となり、同ブランドの展開を急速に進めている。
また2019年春には、「ダイワロイヤルホテル D-CITY 名古屋伏見」を同じ名古屋市中区に出店する予定で、いずれも女性をターゲットにした集客を大阪と名古屋に地域を絞って実施していく特徴ある戦略だ。
さらに、東京オリンピック・パラリンピックが開催される 2020 年までには全国で 10 軒以上の新規ホテルを開業する計画である。

【関連記事】

【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

 

関連記事