ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

投稿日 : 2018.07.26

愛知県

新規ホテル情報

ホテル統計データ

製造業の一大拠点であるとともに、中部地方の広域観光ルート「昇竜道」の拠点でもある愛知。メトロエンジンリサーチによる、愛知エリアの新規ホテル開発ランキングを発表。

名古屋駅周辺に集中、セントレアも
愛知県内の、部屋数での新規ホテル開発ランキングは以下の通りとなった。

愛知エリア新規ホテル開発トップ5(部屋数)

出典:メトロエンジンリサーチ

トップは名古屋城や繁華街のある名古屋市中区で1,855室(10施設)で既存の16,394室(105施設)から11.3%の増加が見込まれる。
続いて、名古屋駅のある名古屋市中村区が2位となり、1,404室(9施設)で既存の9,829室(81施設)から14.3%の増加。
3位は中部国際空港セントレアのある常滑市で、469室(2施設)で既存の2,543室(17施設)から18.4%増の大幅な伸長を示した。
4位は豊橋市で197室(1施設)、5位は東海市で128室(1施設)となった。
豊橋市では「ホテルルートイン豊橋駅前」が本年10月に、東海市では「ABホテル東海太田川」が本年9月に開業を予定する。

リニア開通、名古屋駅前再開発
名古屋駅前では2027年のリニア中央新幹線開業に向けて、ホテル開発を含めた大型ビルの開発が続いている。
中でも、「名古屋市中村区名駅一丁目 名駅通り」は、本年の国税庁発表の路線価で銀座や大阪の御同筋、横浜駅西口に次いで第4位となり、東京、大阪、名古屋の三大都市圏のなかでは最も高い地下上昇率となっている。
観光客に加えビジネス客も多い名古屋では駅近くで便利な中区、中村区以外では隣接する東区に一部ホテル開発があるものの数は少なく、ホテル開発の偏在が見られた。
また、名古屋市以外では、豊橋市と東海市の他に犬山市へのIHGのインディゴブランドでの進出や蒲郡市での「変なホテル」の開業、西尾市での「(仮称)西尾駅西広場整備事業」などが予定されている。
今後は、中部地方の広域の観光連携である「昇竜道プロジェクト」をさらに推し進めることで、県内では犬山や豊田、知多、県外では金沢や伊勢神宮、飛騨、白川郷などへ広域に地方拡散させ観光客の長期滞在につなげていくことが鍵となりそうだ。

【関連記事】

【ホテル開発ランキング】神奈川エリア新規ホテル開発ランキング

【ホテル開発ランキング】京都エリア新規ホテル開発ランキング

 

関連記事