ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパグループ、名古屋駅前にホテル開発用地を取得

アパグループ、名古屋駅前にホテル開発用地を取得

投稿日 : 2018.10.18

愛知県

新規ホテル情報

アパグループは、名古屋駅前にホテル開発用地を取得した。取得会社はアパホーム株式会社となる。同グループは現在営業中、建築・設計中を含めて名古屋市内で全8棟・2,190室のアパホテルを展開していく予定。用地を取得した名古屋市中村区ホテル展開状況と合わせてお伝えする。

アパホテル、リニア開業控え名古屋駅周辺に重点出店

アパホテルズ&リゾーツによると、同案件は、JR各線、新幹線、市営地下鉄東山線・桜通線などが乗り入れるターミナル「名古屋」駅のJR太閤通口より徒歩5分のビジネスやレジャーに適した駅前立地となる。

2027年のリニア中央新幹線の開業も控え、今後ますます賑わいが増す名古屋でも、特に発展著しい「名古屋」駅周辺を重点エリアと捉え、同エリアでは、先般計画を発表したアパホテル〈名古屋駅前〉(全311室・2021年1月開業予定)、アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉(旧仮称アパホテル〈名古屋駅北〉)(全288室・2020年6月開業予定)に続く3棟目の出店計画となる。

同案件はアパホテル〈名古屋駅新幹線口南〉(全187室)として、2020年7月開業を目指す。

概要は下記の通り。

名古屋市内のアパホテルは、本年9月4日に開業したアパホテル〈名古屋栄北〉(全350室)をはじめ、「栄・錦エリア」を中心に5棟・1,404室のアパホテルが高稼働中であるが、今後は「名古屋駅エリア」で、同時に3棟・786室の建築を進めていく。現在営業中、建築・設計中を含めて名古屋市内で全8棟・2,190室のアパホテルを展開していく。

名古屋市中村区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、アパグループが用地を取得した名古屋市中村区には、宿泊施設が81、部屋数にして9,829が提供されている。

2027年のリニア開業を控え、新規開業予定は13施設にのぼり、部屋数にして2,412と25%近い増加を見込んでいる。

【合わせて読みたい】

東京~名古屋間40分で結ぶリニア開業を前に、名古屋ではビジネスホテルが活況

新ブランド「ニッコースタイル名古屋」2020年開業

【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

三重県亀山「アパホテル〈亀山〉(仮称)」2019年3月開業

アパホテル〈名古屋栄北〉 本日9月4日開業

関連記事