ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルグランヴィア大阪、館内全面リニューアル

ホテルグランヴィア大阪、館内全面リニューアル

投稿日 : 2018.12.19

大阪府

ホテル関連ニュース

ホテルグランヴィア大阪が開業35周年を迎え、増加するインバウンド・レジャー層や、東京五輪・大阪万博をはじめとした国際的イベント、開発が進む大阪駅周辺エリア、新規ホテルラッシュなどに対応するため、2022年4月まで全面リニューアルを実施する。

増加するインバウンド・レジャー層に対応

ホテルグランヴィア大阪は、開業35周年を迎えたこの機に、“うめきた2期区域まちづくり”など大規模プロジェクトを控えるエリアの動向や利用する顧客層の変化に対応し一層の競争力強化を図るため、2022年4月までの期間、1階フロント・ロビーをはじめレストラン、客室にわたる館内の全面リニューアルを実施する。

今回のリニューアルでは、増加するインバウンドを中心としたレジャー層の顧客に、より快適に利用してもらうため、フロントを1階から19階に移設・拡大し、開放感のあるゆとりのスペースと外光を取り入れた高層階ならではの眺望を提供する。

また、フロント移設後の1階は、大阪の玄関口にふさわしい洗練された空間とするほか、訪日客の注目が高く来日の目的のひとつとも言われる和食レストランや客室の改装も含め、開業以来初となる館内の全面リニューアルを2022年4月まで実施していく。

客室については、2016年から実施していたシングルルームに続き、21階~26階のツイン及びダブルルームの改装にも着手。21階に新設予定の11室を含め、2020年度までに約半数を、2022年までには727室全ての改装を終える予定。

開業ラッシュが続く大阪エリアでは、新規ホテルを含め約16,000室の客室が増加するといわれており、同ホテルは今回の全面リニューアルで、一層の競争力強化を図る。

【リニューアル概要】

総投資額: 約4,300百万円


①1階⇒19階 フロント&ロビーの移設・面積拡張:工事開始予定:2019年2月~/完成予定:2019年11月

②19階 和食レストラン(2店舗)全面リニューアル:工事開始予定:2019年4月~/完成予定:2019年11月

③1階 喫茶「ロビーラウンジ」拡張・一部リニューアル:工事開始予定:2019年11月~/完成予定:2020年2月
1階 ロビースペースのリニューアル:工事開始予定:2019年11月~/完成予定:2020年4月
1階 新レストランオープン:工事開始予定:2019年11月~/完成予定:2020年5月

④21~26階 客室リニューアル:工事開始予定:2016年2月~/完成予定:2022年4月

【同ホテル 概要】

所在地:大阪市北区梅田3丁目1番1号

アクセス:JR大阪駅中央口前

客室数:716室(改装後、727室)

大阪市北区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市北区には宿泊施設が127、部屋数にして17,068が提供されている。

同ホテルは716室で同区内で3番目の規模の宿泊施設となっている。

大阪においては今後ラグビーワールドカップやG20、ワールドマスターズゲームズ2021関西、2025年に開催が決定した大阪万博など国際的なイベント開催やIR誘致などによって国内外からの注目度が高まり、ホテルに対するニーズは増すものと見込まれている。

そのため同区内でも新規開業予定が11施設、部屋数にして2,547と新規開業が数多く予定されている。

【合わせて読みたい】

リーガロイヤルホテル「なにわの名工 若葉賞」受賞

大阪・中崎「STAY Vintage NAKAZAKI」2019年6月開業

ビーロット「大阪市北区 特区民泊施設対応マンション」

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市北区で生き残る鍵とは

関電グループ、大阪市北区曽根崎1丁目でホテル開発

関連記事