ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ビーロット「大阪市北区 特区民泊施設対応マンション」

ビーロット「大阪市北区 特区民泊施設対応マンション」

投稿日 : 2018.11.29

大阪府

バケーションレンタル

株式会社ビーロットが11月27日(火)、大阪府大阪市北区の特区民泊施設対応マンション「メゾンミラノ中津」を売却した。運営会社として、株式会社メインツリージャパンが特区民泊として全30戸 (うち、特区民泊対応居室16戸)を運営する。

出典:ビーロット

メゾンミラノ中津

ビーロットは、主力事業である不動産投資開発事業において、大阪府大阪市北区にて収益用一棟マンション「メゾンミラノ中津」再生プロジェクトを進めてきた。
同社グループ会社である株式会社ライフステージの協力体制のもと、居室の一部を特区民泊に対応したコンセプト型民泊施設として再生し、2018年4月運営開始以降、順調な稼働実績を積み重ねている。
同社グループ全体で収益性を着実に高めて商品化し、11月27日に売却を完了した旨公表した。
【販売用不動産の概要】
施設名:メゾンミラノ中津
所在地:大阪府大阪市北区中津
アクセス:地下鉄御堂筋線「中津」駅徒歩2分、阪急宝塚本線・神戸本線「中津」駅徒歩7分
用途 / 構造:事務所・共同住宅 / 鉄筋コンクリート造陸屋根5階建
戸数:全30戸 (うち、特区民泊対応居室16戸)
敷地面積:558.21㎡
延床面積:1,395.20㎡
事業主(売主):株式会社ビーロット
特区民泊運営会社:株式会社メインツリージャパン
決済完了日:2018年11月27日

メトロエンジンリサーチによると、大阪市北区には、民泊物件が275室となっている。

出典:ビーロット

【合わせて読みたい】

観光庁、民泊関係自治体に届出事務の適正化を求める通知

LIFULL、遊休不動産の利活用、地域創生ファンド設立

スペースマーケットが東京建物と資本業務提携

スペースデザイン「ビュロー渋谷」2018年11月より民泊開始

関連記事