ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大江戸温泉物語が新潟県村上市の「夕映えの宿 汐美荘」を取得

大江戸温泉物語が新潟県村上市の「夕映えの宿 汐美荘」を取得

投稿日 : 2020.01.09

新潟県

ホテル関連ニュース

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は、本日1月9日、新潟県村上市にある『夕映えの宿 汐美荘』を取得した。

『夕映えの宿 汐美荘』は、「温泉と旅の楽しさをもっと気軽に何度でも」をコンセプトに全国に温泉宿・温浴施設を展開する大江戸温泉物語の40カ所目の施設となる。

県北の城下町と呼ばれる村上市は歴史的な町屋の雰囲気が味わえ、独自の鮭文化や瀬波温泉海水浴場など多くの観光資源を有する地域。県外からの観光客も多く、村上市全体では年間約220万人が訪れているという。

『夕映えの宿 汐美荘』を取得することで新潟県初進出となり、地元地域および関東圏、全国の顧客により一層喜ばれ、親しんでもらえる宿泊事業をさらに積極的に展開したいと考えているとのこと。

リニューアルオープンは2020年6月を予定しているという。

【取得施設概要】

名称:夕映えの宿 汐美荘
所在地:新潟県村上市瀬波温泉2-9-36
施設規模:SRC造 南館6階建 2,800㎡ 中央館6階建 2,404㎡ 本館10階建 7,875㎡
客室数:91室(定員数451名)

メトロエンジンリサーチによると、村上市には宿泊施設が43、部屋数にして588室が提供されている。

【合わせて読みたい】

「大江戸温泉物語 西海橋コラソンホテル」2020年4月24日開業

「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」2019年8月1日開業

大江戸温泉物語、熊本県上天草市「亀屋ホテル華椿」取得

大江戸温泉物語「TAOYA志摩」2019年4月19日開業

大江戸温泉物語「タラサ志摩ホテル&リゾート」リニューアル

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

関連記事