ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大江戸温泉物語、熊本県上天草市「亀屋ホテル華椿」取得

大江戸温泉物語、熊本県上天草市「亀屋ホテル華椿」取得

投稿日 : 2019.03.20

熊本県

新規ホテル情報

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は、本日2019年3月20日、熊本県上天草市にある「亀屋ホテル華椿」の取得を発表した。リニューアルオープンは2019年8月を予定する。

全国37カ所目の施設取得、九州エリアで3施設目

出典:亀屋ホテル華椿

「亀屋ホテル華椿」は、「温泉と旅の楽しさをもっと気軽に何度でも」をコンセプトに全国に温泉宿・温浴施設を展開する大江戸温泉物語の37カ所目の施設となる。

「亀屋ホテル華椿」を取得することにより、九州エリアでの施設は3施設となり、これまで以上に地元地域および九州エリア全体、ひいては全国の顧客により一層喜ばれ、親しんでもらえる宿泊事業をさらに積極的に展開していきたい考え。

リニューアルオープンは2019年8月を予定しているという。

【取得施設概要】
名称:亀屋ホテル華椿
所在地:熊本県上天草市大矢野町中4463-2
施設規模:RC造・S造 本館3階建 2,159m² 新館5階建 3,055m² 別館7階建 4,606m²
客室数:70室 (定員数314名)

熊本県上天草市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、上天草市には宿泊施設は56、部屋数にして818室が提供されている。

新規開業予定は確認できなかった。

同ホテルは70室で同市内ではHOTEL AZ 熊本上天草店(91室)に次ぐ2位の客室規模を誇る。

【合わせて読みたい】

大江戸温泉物語「TAOYA志摩」2019年4月19日開業

大江戸温泉物語「タラサ志摩ホテル&リゾート」リニューアル

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

大江戸温泉物語「ホテルニュー塩原」に大衆演劇を開業

関連記事