ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」2019年8月1日開業

「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」2019年8月1日開業

投稿日 : 2019.07.31

熊本県

新規ホテル情報

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」 (熊本県上天草市) を2019年8月1日 (木)に開業する。上天草市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

天草富士の絶景と天然温泉、ライブキッチンで海の幸

「天草ホテル亀屋」は、 「海神(わだつみ)の宮」と「コンテンポラリー(現代的な)天草スタイル」をコンセプトとした温泉リゾート。天草で花開いた南蛮文化をモチーフに散りばめたロビーやリニューアル客室に加え、天草の海と天草富士を一望するオーシャンビューの露天風呂や湯上りサロンなど、天草の豊かな自然と文化が感じられる空間を実現した。

さらに、大江戸温泉物語ならではのライブキッチンを新設した創作バイキングでは地産地消の食材を使用した料理でおもてなしをする。

出典:大江戸温泉物語

「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」の客室は全76室で、そのうち、フルリノベーションした26室の客室を含み、様々な部屋タイプを用意した。幅広い旅行シチュエーションに対応する。

出典:大江戸温泉物語

また、大江戸温泉物語ならではの多彩な館内コンテンツとして、選べる色浴衣コーナー、湯上りサロン提供のアイスキャンディ、世界のボードゲームコーナー、卓球コーナー、漫画コーナー、カラオケルームなどを用意する。

出典:大江戸温泉物語

さらに、2019年9月1日より、熊本駅から天草ホテル亀屋までの「往復直行バス」も運行が決定。往復利用一人1,960円と、他交通機関と比較しても安価な料金でアクセス向上を実現する予定。

【大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋 概要】
所在地:熊本県上天草市大矢野町中4463-2
総客室数・定員数:76室/322人
宿泊料金:4名1室 7,980円/名~

出典:大江戸温泉物語

熊本県上天草市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、上天草市には宿泊施設が52、部屋数にして807室が提供されている。

同社は2019年3月に「亀屋ホテル華椿」(66室)を取得し、「大江戸温泉物語 天草ホテル亀屋」として76室でリニューアル開業するもの。76室は同市内では「HOTEL AZ 熊本上天草店」(91室)に次ぐ第二の規模だ。

出典:大江戸温泉物語

【合わせて読みたい】

大江戸温泉物語、熊本県上天草市「亀屋ホテル華椿」取得

大江戸温泉物語「TAOYA志摩」2019年4月19日開業

大江戸温泉物語「タラサ志摩ホテル&リゾート」リニューアル

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

大江戸温泉物語「ホテルニュー塩原」に大衆演劇を開業

関連記事