ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大江戸温泉物語「TAOYA志摩」2019年4月19日開業

大江戸温泉物語「TAOYA志摩」2019年4月19日開業

投稿日 : 2019.01.29

三重県

新規ホテル情報

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツは、2018年10月に取得した旧タラサ志摩ホテル&リゾートをリニューアルし、温泉リゾート「TAOYA志摩」 (三重県鳥羽市) として 2019年4月19日 (金) にグランドオープン、2月4日 (月) に予約を開始する。

出典:TAOYA志摩

海と星空を一望できるインフィニティ温泉、写真映えする現代アート

「東京 お台場 大江戸温泉物語」を運営する大江戸温泉物語は、「いつでも、気軽に、何度でも」利用できる料金で、賑やかで楽しく過ごせる温泉宿や温泉テーマパークを全国で36カ所運営。

この度オープンする「TAOYA志摩」は、大江戸温泉物語の新しいラインナップとなる。コンセプトも今までと異なり「ゆったりと、たおやかに」過ごせる温泉リゾート。

開放感あふれるオーシャンビュー、モダンな館内に、新たなサービスを加えつつ、大江戸温泉物語のもつ手軽さや気軽さはそのままに、気負いなく利用できる海辺の温泉リゾートホテルを展開。

顧客への新たな選択肢として、利用目的やシーンに合わせた宿泊を可能にする。

リニューアルの特徴は以下の通り。

・昼夜のさまざまな景色を楽しむことが出来るオーシャンビューの開放的な大浴場を新設。
・地元料理や特産物を用いた大江戸温泉物語流のバイキング料理を提供するため、レストラン会場やメニューを一新。
・満天の星をくつろぎながら楽しめる足湯付き星空テラスの新設やリゾート感溢れる雄大な眺望、写真映えする現代アートで非日常感を創出。

【同ホテル 概要】

所在地:三重県鳥羽市浦村町白浜1826-1
総客室数・定員数:123室/473人
宿泊料金:4名1室 9,980円/名~

三重県鳥羽市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、三重県鳥羽市には宿泊施設が187、部屋数にして4,019室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

開業すると同ホテルは123室で同市内で5番目の宿泊施設となる見込み。

【合わせて読みたい】

大江戸温泉物語「タラサ志摩ホテル&リゾート」リニューアル

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

大江戸温泉物語「ホテルニュー塩原」に大衆演劇を開業

関連記事