ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR九州、駅ビル事業及びホテル事業の再編

JR九州、駅ビル事業及びホテル事業の再編

投稿日 : 2018.12.25

福岡県

ホテル関連ニュース

JR九州は本日12月25日開催の取締役会において、同社の100%連結子会社の実施する共同株式移転により、駅ビル事業およびホテル事業について、新たに中間持株会社を設立することを決議。また、これに先立ち小倉ターミナルビルを事業別(駅ビル事業とホテル事業)に分割する。

より機動的かつ柔軟な意思決定と業務執行へ

JR九州は、駅ビル事業およびホテル事業についても、鉄道に並ぶ基幹事業として順調に拡大してきたが、両事業をとりまく事業環境は、現在、少子高齢化のトレンドに加え、駅ビル事業においては、Eコマースの急成長による競争激化やテナント出店意欲の減退、ホテル事業においては、競合の乱立や人手不足の常態化など、急速に厳しさを増している。

このような状況に対応するため、同社グループは、駅ビル事業及びホテル事業の経営体制を見直し、より機動的かつ柔軟な意思決定と業務執行を可能とすべく、両事業において中間持株会社の設立を核としたグループ再編を実施する。

これにより、スケールメリットを活かし、営業力の強化と経営効率化、人材育成力の向上をはかるとともに、新たな事業の展開や既存事業の拡大を通じて、更なる成長と進化を目指す。

出典:JR九州

小倉ターミナルビル株式会社の事業別分割

2018 年12 月26 日(予定)に、当社の 100%連結子会社として「JR九州ステーションホテル小倉株式会社」を設立。

2019年4月1日(予定)に、小倉ターミナルビル株式会社を吸収分割会社、JR九州ステーションホテル小倉株式会社を吸収分割承継会社として吸収分割を実施し、前者のホテル事業を後者へ移管する。

中間持株会社(ホールディングス)の設立

駅ビル事業統括会社では、2019年4月1日(予定)に、駅ビル六社(小倉ターミナルビル株式会社を含む)の実施する共同株式移転により「JR九州駅ビルホールディングス株式会社」を設立する。

ホテル事業統括会社では、2019年4月1日(予定)に、ホテル三社(JR九州ステーションホテル小倉株式会社を含む)の実施する共同株式移転により「JR九州ホテルズアンドリゾーツホールディングス株式会社」を設立する。


出典:JR九州

【合わせて読みたい】

JR九州、ドリームトレインコンテスト開催

JR九州、熊本駅北ビル(仮称)開発

阿蘇市、竹田市、JR九州「JR豊肥本線を活用した観光振興」

JR九州「ビートル手ぶらサービス」 提携ホテル拡大

関連記事