ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR九州「ビートル手ぶらサービス」 提携ホテル拡大

JR九州「ビートル手ぶらサービス」 提携ホテル拡大

投稿日 : 2018.12.19

海外

ホテル関連ニュース

JR九州高速船は、2017年4月より釜山港から提携ホテルまで荷物を運ぶ「ビートル手ぶらサービス」を実施。この度、12月21日(金)より、提携ホテルを5施設追加し、全23施設となる。

気軽・身軽な釜山旅行を楽しめる

同サービスは、到着後すぐに手ぶらで観光やショッピングを楽しめると好評で、本年上期(4~9月)の利用実績は前年比48%増加し、サービス開始後、2,000人を超える顧客に利用されている。

利用対象は、ビートル及び提携ホテル利用の顧客で受付場所は釜山港国際旅客ターミナル 3 階ビートルカウンター。

受付時間は9時~13時(年中無休)で、受付当日の16時30分頃にホテルへ届ける。

利用料金は5,000 ウォン/個(南浦洞・西面地区)、10,000 ウォン/個(海雲台地区)となっている(1ウォン=0.1円、2018年12月現在)。

この度以下の5施設が利用可能となり、全23施設へと拡大した。

・南浦洞:ヒルサイドホテル
・西面:東横イン西面
・海雲台:ウェスティン朝鮮釜山、パラダイスホテル釜山、海雲台グランドホテル

【合わせて読みたい】

全但バスとヤマト運輸が、訪日客向け手ぶら観光サービス

日本旅行、JR西日本、手荷物一時預かりサービス拡充

スマートロッカー「ラクトル TM」の実証実験

JTB「LUGGAGE-FREE TRAVEL」中国オンラインゲーム連携


関連記事