ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 阿蘇市、竹田市、JR九州「JR豊肥本線を活用した観光振興」

阿蘇市、竹田市、JR九州「JR豊肥本線を活用した観光振興」

投稿日 : 2018.12.06

熊本県

大分県

インバウンド

熊本県阿蘇市、大分県竹田市、JR九州の三者は、「JR豊肥本線を活用した観光振興のための協定」を「県境」ならびに「官民」の枠を越えて締結し、豊肥本線を活用した観光振興について共同で検討を深めていく取り組みを行う。

熊本地震で肥後大津駅から阿蘇駅間が依然不通

2016年熊本地震の影響により、阿蘇地域をはじめ様々な箇所において災害が発生。

なかでも、阿蘇カルデラの縁にあたる立野峡谷では、想像を絶する土砂崩れに遭い、主要な国道 57号やJR豊肥本線は不通のままであり、その復旧には見通しが立っていないのが現状。

この熊本地震から約2年が経過しているところ、この現状をネガティブに捉えず、むしろポジティブな視点に立った中で、熊本県阿蘇市と大分県竹田市は、県境を越え、協働して観光復興に向けて取り組めないかといった検討を深めてきた。

その中で、両市としてはJR九州に対し一刻も早い豊肥本線の復旧等を働きかけると同時に、現在の状況の中で、豊肥本線を活かして観光振興を図っていくことも検討事項として優先すべきではないかと考え、JR九州を加えた三者での協定締結に至った。

ラグビーワールドカップ、東京五輪のインバウンドを好機に

協定締結の目的は、阿蘇市と竹田市には、九州中央部の「阿蘇くじゅう国立公園」が所在し、自然、 温泉、歴史、文化等の豊かな地域資源を有している。農業と観光を基幹産業としたまちづくりを進めているところ、主要交通網である国道 57号とJR豊肥本線が東西に走っており、 大分‐熊本間の交通の主軸となっているが、熊本地震の影響により大きな被害を受け、現在もなお肥後大津駅から阿蘇駅間が不通となっている。これにより、生活者はもとより観光客の足に多大な影響を及ぼしている。

このような状況下、2019年にラグビーワールドカップの試合が大分・熊本両県で開催され、2020年には東京オリンピックが開催され、インバウンドが増加する見込み。 そこで、この時を好機と捉え、九州中央で阿蘇市と竹田市が訪日外国人旅行者の受け皿になるべく、JR九州と官民協働によりJR豊肥本線の復旧後を見据えた仕組みづくりを構築しながら、同線の利用促進、地域交流による活性化を図る。

具体的な取り組みとしては、JR豊肥本線の利用促進として、 D&S列車(観光列車)「あそぼーい!」「九州横断特急」を活用した更なる利用促進、JR九州レールパスによるインバウンドの顧客の利用促進。

地域交流による地域活性化策として、 阿蘇駅・豊後竹田駅を中心としたJR各駅からの着地型商品造成や阿蘇駅、豊後竹田駅からの二次交通の整備、及び二次交通を利用した地域活性化。

さらに3カ年計画として、国などへの支援を求めながら2019年度を初年度とする3ヵ年のスパンで阿蘇・竹田 の観光地域づくりを進め、九州中央のディスティネーションの位置を確立することを目指す。

また、これに向け今後両市は、JR九州と連携した海外プロモーション活動や二次交通環境の実証アトラクション、阿蘇竹田のビジュアルイメージ創出なども構想している。

メトロエンジンリサーチによると、大分県竹田市には宿泊施設が49、部屋数にして564が提供されている。熊本県阿蘇市には宿泊施設が71、部屋数にして1,984が提供されている。温泉地である両市では旅館が中心に展開している。

【合わせて読みたい】

「スマホdeスタンプin下通商店街」熊本城の復旧・復元を支援

熊本地震から2年、熊本県で5月連休宿泊施設フル稼働、新規ホテル開業も

「ホテル アマネク別府(仮称)」2021年春開業予定

JR九州ホテルズのホテル・旅館に「Alipay」導入

別府市旅館ホテル組合連合会とエアビーが提携

ヤマト運輸が大分で手ぶら観光を推進ーインバウンド需要獲得、国の支援も

関連記事