ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾート、北米展開へ「サーフジャック ハワイ」2020年1月15日運営開始

星野リゾート、北米展開へ「サーフジャック ハワイ」2020年1月15日運営開始

投稿日 : 2019.10.11

海外

新規ホテル情報

星野リゾートは、米国・ハワイ州オアフ島に位置する「The Surfjack Hotel & Swim Club」を2020年1月15日に「星野リゾート サーフジャック ハワイ」として運営を開始する。海外において3軒目の運営となる同施設は、星野リゾート初の米国での展開となる。

星野リゾート初の米国進出、インドネシア、台湾、米国へ

出典:星野リゾート

星野リゾートは米国・ハワイ州オアフ島に位置するThe Surfjack Hotel & Swim Clubを2020年1月15日に星野リゾート サーフジャック ハワイとして運営を開始する。ハワイ州で施設を運営することは北米進出の第一歩と考えているという。

星野リゾートは2015年4月より、タヒチ・ランギロア島に位置する「星野リゾート Kia Ora ランギロア」(2019年5月に契約満了により運営終了)を海外施設の第一号案件として運営を開始した。文化や言語、労働環境などが日本とは全く異なるタヒチでは国内と同じスタイルを導入するということに難しさがあったという。

しかし、地域の魅力や文化を考え、現地のスタッフが主体的に行動しサービスにして提供する、星野リゾートの企業文化である「日本旅館メソッド」が徐々に浸透し、着実に運営の歩みを進めた。

その後、タヒチでの運営のノウハウを生かして、2017年1月インドネシア・バリ島ウブドに「星のやバリ」、2019年6月台湾・台中に「星のやグーグァン」を開業し、星野リゾート サーフジャック ハワイが海外において3軒目の運営施設となる。

OHANA Friendlyなレトロ・ブティックホテルでワイキキ満喫

出典:星野リゾート サーフジャック ハワイ

同施設は、ビーチやショッピングエリアに徒歩圏内で行くことができる、利便性の高いワイキキの中心地に位置。館内は1960年代のレトロなハワイをベースにしたモダンなつくり。

地元のアーティストが手掛けた装飾を随所に散りばめ、どこか懐かしさを感じる居心地のよい空間。施設を象徴するプールの周りでは、映画の上映、懐かしいヒット曲をかけるDJによるパーティー、ハワイアンカルチャーのワークショップなど、さまざまなイベントを実施。

また、ダイニング「マヒナ&サンズ」は、ハワイの食文化に敬意をはらい、斬新なアイデアをもつ、ホノルル出身のシェフ エド・ケニー氏が手掛ける、「アイランドスタイル」の料理を提供。親近感がわく、Ohana(ハワイ語で家族・仲間の意味)なサービスでワイキキを満喫する滞在を演出する。

出典:星野リゾート サーフジャック ハワイ

【同ホテル 概要】

施設名:星野リゾート サーフジャック ハワイ
所在地:412 Lewers Street Honolulu, Hawaii 96815
客室数:112室
客室タイプ:5タイプ
客室面積:26.5平米~84.9平米
宿泊料金:USD250~(税・アメニティーフィー別)
付帯施設:プール、レストラン「マヒナ&サンズ」、ショップ「オリーブ&オリバー」

出典:星野リゾート サーフジャック ハワイ

代表の星野 佳路氏は以下のコメントを寄せた。

「星野リゾートは、独自の仕組みを構築し、世界で通用するホテル運営会社を目指しています。現在、海外ではアジアで2施設の運営をしていますが、今後は、積極的かつ加速して運営施設数を増やしていきたいと思っています。

星野リゾート サーフジャック ハワイは北米で運営を展開していくうえで、重要な施設になると考えます。ハワイ州は年間約1,000万人弱が訪れる世界有数の観光地で、うち6割以上がアメリカ本土からの観光客です。ハワイでの成功なくして、北米へ展開はないと考えます。5年後、10年後には世界の都市でも展開するグローバルオペレーターであることを目指しています。」

出典:星野リゾート サーフジャック ハワイ

【合わせて読みたい】

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」2020年4月20日開業

「星野リゾート BEB5土浦」2020年3月19日開業

星野リゾート 西表島ホテル、2019年10月1日リブランド開業

JALと西武、ハワイ島で新サービス・共同事業開発

関連記事