ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > カンナ削りの“木のストロー”がG20大阪サミットで採用

カンナ削りの“木のストロー”がG20大阪サミットで採用

投稿日 : 2019.07.02

大阪府

ホテル関連ニュース

木造注文住宅のアキュラホームが開発したカンナ削りの木のストローが、G20大阪サミットにて採用された。国内各地で開催されているすべてのG20閣僚級会合でも採用されており、近年国際的に注目を集めている海洋プラスチックごみ問題解決と森林資源の活用の一助となるアイテムとして注目を集める。

木の国日本の技術力を、最大規模の首脳会議で世界に発信

国内史上最大規模の首脳会議「G20大阪サミット」にて、会議の主要テーマの一つである “環境(海洋プラスチックごみ)”をはじめとする地球規模の環境問題に貢献するアイテムとして、要人・随行員、プレス向けに世界初カンナ削りの木のストロー1,000本が提供された。

カンナ削りの木のストローは、廃プラ問題と持続的な森林保全など、環境保全を促進するもの。

アキュラホームは、カンナ社長として知られる大工出身の宮沢俊哉氏が創業した木造注文住宅メーカー。木のストローは、そのカンナ削りをヒントに、木材を厚さ0.15㎜にスライスしたものをストロー状に巻き上げることで開発・量産化に成功。カンナ削りの木のストローを通じて、日本の文化や技術力を世界に伝える。

同社の試算では、仮に31億本のストローを木のストローに替えることができると、焼却面だけでも6,200t以上のCO2の削減(自動車で地球558周分相当)となるという。

また、再生資源でもある木を使用することは、森林保全にもなり、減災の効果も得られる。海洋問題、森林問題、資源問題の3つを解消できるアイテムとして注目されている。

出典:アキュラホーム

【合わせて読みたい】

プリンスホテル、プラスチック・スマートキャンペーン

プリンス、全社で使い捨てプラスチック製ストロー廃止

藤田観光、プラスチック製ストローを廃止

世界大手ホテルが使い捨てプラ製品全廃の方針を表明

小田急ロマンスカー、プラスチック製ストロー使用廃止

オキナワ マリオット、プラスチック製ストロー廃止

「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」が設立

経産省、海洋プラスチックごみ問題、官民連携参加企業募集

ヨコハマインターコンチ、 プラスチックストロー廃止

関連記事