ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 経産省、海洋プラスチックごみ問題、官民連携参加企業募集

経産省、海洋プラスチックごみ問題、官民連携参加企業募集

投稿日 : 2018.11.20

指定なし

ホテル関連ニュース

経産省は、地球規模の新課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発・導入を推進、官民連携でイノベーションを加速するため、「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(仮称)」を設立、本日11月20日より参加企業の募集を開始。

出典:産環協

クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(仮称)

経済産業省は、地球規模の新たな課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発・導入を推進し、官民連携でイノベーションを加速化するため、「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(仮称)」を設立し、本日11月20日から、一般社団法人産業環境管理協会(産環協)において、参加企業の募集を開始した。

海洋プラスチックごみを削減するためには、ポイ捨て防止の徹底をはじめとする廃棄物の適正管理に加え、プラスチック製品の3R(リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称)の取組のより一層の強化や、生分解性に優れたプラスチック、紙等の代替素材の開発と普及を促進することが重要。

これらを踏まえ、幅広く関係者の連携を強めイノベーションを加速するため、素材の提供側と利用側企業の技術・ビジネスマッチングや先行事例の情報発信等を通じた情報の共有、研究機関との技術交流や技術セミナー等による最新技術動向の把握、国際機関、海外研究機関等との連携や発展途上国等への情報発信などの国際連携、さらに、プラスチック製品全般の有効利用に関わる多様な企業間連携の促進等に取り組むための実務母体として、「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(仮称)」を設立する。

11月20日時点の設立賛同企業からは設立に向けたコミットメントが発表された。

設立賛同企業は以下の通り。

味の素、エフピコ、王子、花王、カネカ、サントリー、セブン&アイ、大日本印刷、東洋製罐、凸版印刷、日清食品、日本製紙、三菱ケミカル、ライオン、レンゴー

応募方法等の詳細は公式サイト参照。

海洋プラスティックごみ問題に関しては、世界大手ホテルチェーンで今年相次ぎ使い捨てストロー全廃の動きが進展、日本のホテルチェーンや飲食店、商業施設などでも同様の動きが広がっている。

【合わせて読みたい】

世界大手ホテルが使い捨てプラ製品全廃の方針を表明

ヨコハマインターコンチ、 プラスチックストロー廃止

関連記事