ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)、パシフィコ横浜で開催

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)、パシフィコ横浜で開催

投稿日 : 2019.02.05

神奈川県

インバウンド

「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」(2019年8月28日~30日開催)が、このほどパシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:中山こずゑ)で開催されることが決定した。

出典:パシフィコ横浜

「アフリカ開発会議」は、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、1993年の第1回会議以降、2013年の第5回会議までは5年に一度日本で開催されていたが、2016年の第6回会議からは、3年に一度、日本とアフリカで交互に開催することとなった。

アフリカ54カ国の元首・首脳級、開発パートナー諸国、 国際機関及び地域機関並びに民間セクターやNGO等市民社会の代表等が参加するもので、パシフィコ横浜では3回目の開催となる。

【同会議 概要】

名称:第7回アフリカ開発会議 
(The 7th Tokyo International Conference on African Development(TICAD7)) 
開催時期:2019年8月28日~30日 
会場:パシフィコ横浜 
参加予定者: 
国家元首・首脳級、開発パートナー諸国、国際機関及び地域機関並びに民間セクターやNGO等市民社会の代表等 
共催者 :日本政府、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC) 
過去の開催実績: 
第6回 2016年 ケニア(ナイロビ) 
第5回 2013年 日本(横浜) 
第4回 2008年 日本(横浜) 
第3回 2003年 日本(東京) 
第2回 1998年 日本(東京) 
第1回 1993年 日本(東京)

【合わせて読みたい】

パシフィコ横浜が国内MICE施設1位、JNTO国際会議統計

「パシフィコ横浜ノース」プロモーションCM公募

2020年春開業「パシフィコ横浜ノース」誘致成功が50件突破

パシフィコ横浜「IoTお忘れ物自動通知サービス」

横浜市がパシフィコ横浜ノースでMICE誘致に成功

関連記事