ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 2020年春開業「パシフィコ横浜ノース」誘致成功が50件突破

2020年春開業「パシフィコ横浜ノース」誘致成功が50件突破

投稿日 : 2018.11.22

神奈川県

インバウンド

パシフィコ横浜は 、2020年春開業予定の新MICE施設「パシフィコ横浜ノース」において、国際会議・学会などのイベント誘致成功件数が50件を超えた。

出典:パシフィコ横浜

会議室の規模や構成、国内最大 6,300 ㎡の多目的ホールが高評価

これまでに決定した催事は、「2020年JCI世界会議」、「IEEE 原子核科学シンポジウムと医用イメージングに関する国際会議」(2021年)、「第15回 世界計算力学会議」(2022年)をはじめとした国際会議8件、大型国内学会41件、その他(大会・展示会など)7件。
決定においては、横浜の地域としての優位性とともに、会場となる新施設「パシフィコ横浜ノース」の使い易い会議施設の構成や規模、既存施設との併用のし易さや国内最大となる多目的ホール(約6,300㎡)などが高評価を得た。
今後は、中小規模の国内会議や大会、パーティーやイベントにおいても、予約受付開始時期となる。地域への経済効果に繋がるよう、大型国際会議をはじめ、さまざまなイベントの誘致に引き続き取り組んでいくという。

パシフィコ横浜ノース

パシフィコ横浜ノースは、2020年春開業予定の複合コンベンション施設。 国内最大規模となる大型多目的ホールは、海外の先進的MICE施設のバンケットルームに倣っており、大中小42室の会議室と併せて、3,000名規模の会議が開催できる。

・1F 多目的ホール 約 6,300㎡(8分割可能)

・2F~4F 会議室 計6,185㎡ (大中小42室)
・延床面積 約47,000㎡
・2階ペデストリアンデッキにより既存施設と連絡

所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1

アクセス:みなとみらい駅より徒歩5分

出典:パシフィコ横浜

【合わせて読みたい】

パシフィコ横浜「IoTお忘れ物自動通知サービス」

横浜市がパシフィコ横浜ノースでMICE誘致に成功

横浜市、リゾートトラスト新ホテルを条例で助成
東京都がMICEグローバル人材育成講座を開催

関連記事