ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「パシフィコ横浜ノース」プロモーションCM公募

「パシフィコ横浜ノース」プロモーションCM公募

投稿日 : 2018.12.21

神奈川県

ホテル関連ニュース

パシフィコ横浜は、2020年春開業予定の「パシフィコ横浜ノース」のプロモーションCMの制作を、若手アニメーション作家・クリエイターの育成・支援を目的としたプロジェクト「HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)」を通じて、2018年12月21日(金)より、公募を開始する。

募集テーマは「みらいを想像する舞台 ノース」

HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)は、ビジネス化の機会に乏しい日本のショートアニメーション界の現状を踏まえ、若手アニメーション作家・クリエイターを育成・支援するために2013年よりスタートしたプロジェクト。

これまで、横浜市による「横浜賞」などを通じて、過去6年で18人のアニメーション作家・クリエイターが選出されている。パシフィコ横浜は、同プロジェクトの趣旨に賛同し、国内最大規模のカーペット敷の多目的ホールとして、かつてないスケールのイベントを生み出す空間となる『パシフィコ横浜ノース』のプロモーションCMを、次世代を担う若手アニメーション作家・クリエイターによる新しいアイデアとセンスで演出する。

受賞者には、制作費と映像化の機会が提供され、完成作品は、パシフィコ横浜の国内外でのプロモーションに活用されるほか、全国85箇所以上のイオンシネマにて、来年、約1か月間上映される予定。

募集テーマは「みらいを想像する舞台 ノース」。

2020年春、複合コンベンション施設パシフィコ横浜に新施設「パシフィコ横浜ノース」が誕生。サッカーフィールドほどの広さを誇る、国内最大規模のカーペット敷きの多目的空間は、かつてないスケールのイベントを生み出すことが可能なコミュニケーション・プラットフォーム。

人々の出会いが、新たな発見や共感を呼び、未来のアイデアが生まれる場となること、そのような創造と共感の“場”「パシフィコ横浜ノース」から始まるみらいのイメージを国内外の顧客に向けて制作してもらう。

<募集概要>

制作内容:『パシフィコ横浜ノース』を紹介する30秒のアニメーション

募集期間:2018年12月21日(金)12時~2019年1月27日(日)24時まで

提出物:募集テーマに沿った30秒のCM企画書(絵コンテなど)および応募者プロフィール(形式不問)

詳細はHAG公式サイト参照のこと。

【合わせて読みたい】

2020年春開業「パシフィコ横浜ノース」誘致成功が50件突破

パシフィコ横浜「IoTお忘れ物自動通知サービス」

横浜市がパシフィコ横浜ノースでMICE誘致に成功

関連記事