ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > パシフィコ横浜「IoTお忘れ物自動通知サービス」

パシフィコ横浜「IoTお忘れ物自動通知サービス」

投稿日 : 2018.09.12

神奈川県

ホテル関連ニュース

パシフィコ横浜は、紛失防止サービスを手がけるMAMORIO株式会社と共同で、本日9月12日(水)より、MICE施設としては世界で初めて、IoT Gateway「MAMORIO Spot」を活用した「IoTお忘れ物自動通知サービス」の提供を開始する。

出典:パシフィコ横浜

パシフィコ横浜の逸失物年間1,100件を早期発見
パシフィコ横浜は、日本最大級の国際会議場と展示ホールとホテルからなる複合MICE施設。国際会議開催件数は国内トップの実績があり、年間来場者数は400万人以上で、国内外各地から来場がある。2020年春には新施設「パシフィコ横浜ノース」の開業も予定しており、今後さらに来場者が増えていく見込み。
昨年度、パシフィコ横浜が警察に届け出たカード類・鍵・眼鏡類・小銭入れ等貴重品類の遺失物拾得件数は、約1,100件にもなる。
パシフィコ横浜は、MAMORIO社のIoT技術を活用することで、来場者へ安心できる施設サービスの提供と遺失物の早期発見につながる利便性向上を目指し、日本を代表する国際会議場として最先端のサービス提供を実現する。

逸失物のクラウドトラッキング
同サービスは、顧客が紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」を財布や鍵などの身の回り品等につけておき、スマートフォン上で「MAMORIOアプリ」をインストールすることで利用できる。
その物品が紛失してしまった際に、MAMORIO Spotが設置されている駅や商業施設等の逸失物センターに届けられると、MAMORIOの電波を受信し、逸失物が発見された位置情報を持ち主のスマートフォンに自動的に通知するサービス。
同サービスはMAMORIO社独自のクラウドトラッキング(特許取得済)をベースに作動しており、逸失物が集約される場所にアンテナを設置することで、逸失物の発見確率を飛躍的に高めることが期待される。
MAMORIO Spotは既に多くの大手鉄道会社や商業施設等に導入実績があり、2018年8月末現在で鉄道15社98路線、バス4社308路線でMAMORIOがついた逸失物を発見する確率を高めている。
パシフィコ横浜以外のMAMORIO Spotに逸失物が届けられた場合でも、その位置情報が通知される。

出典:パシフィコ横浜

【関連記事】
横浜市がパシフィコ横浜ノースでMICE誘致に成功
横浜市、リゾートトラスト新ホテルを条例で助成
東京都がMICEグローバル人材育成講座を開催

関連記事