ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「THE STAY OSAKA心斎橋」2019年6月17日開業

「THE STAY OSAKA心斎橋」2019年6月17日開業

投稿日 : 2019.06.28

大阪府

新規ホテル情報

大和ハウスグループの大和ライフネクストは、大型ホステル「THE STAY OSAKA(ザ・ステイ・オオサカ)心斎橋」を、2019年6月17日にオープン。「THE STAY SAPPORO」をはじめ、ホステル運営実績のある株式会社フィルドが運営する。大阪市中央区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

人と地域と文化をつなぐ大型ホステル、学生とコラボも

出典:大和ハウス工業

大阪は2025年の国際博覧会(万博)開催が決まり、宿泊場所の需要も一層高まることが予想されている。

そのような中、同社は、観光スポットへの移動においても利便性の高い心斎橋エリアの特性を活かし、老朽化が進み新たなテナント誘致が困難となったビルを、多様な宿泊ニーズに応えられる大型ホステル(総収容人数:265名)へとコンバージョンした。

同社は26万戸を超える分譲マンション管理のほか、オフィスビル・商業施設・ホテルなどの建物運営や、寮・社宅・シェアハウスの管理・運営、リノベーションを行っている実績を元に、既存の建物を有効に活かしながら、地域の活性化を目指すという。

同ホステルの2階には、大阪経済大学の学生とコラボレーションし、ローカルフードが楽しめる飲食店や、大阪の住まいと暮らしの歴史を知る古民家のある場所など、学生ならではの視点・感性を活かした地域の見どころやおすすめのスポットをマッピングし公開する。また、行政との連携で地域の特産品のアピールの場としても活用する予定。

出典:大和ハウス工業

【「THE STAY OSAKA心斎橋」概要】
所在地:大阪府大阪市中央区島之内1丁目14番29号
アクセス:大阪市営地下鉄 堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅 徒歩2分、大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅 徒歩10分
敷地面積:664.13㎡
延床面積:3,403.20 ㎡
客室数:総客室数45室
収容人数:総収容人数265名
建物用途:3階~7階 客室(45室)
2階 レセプション・バーカウンター・コモンリビング・コモンキッチン等
1階 保護猫カフェ「ネコリパブリック大阪『ねこ浴場』」
客室タイプ:12タイプ

宿泊料金:
ドミトリールーム 2,600円/人~
個室(ツイン2名利用) 6,800円/室~
個室(和室5名利用) 16,600円/室~
※料金は税込み。曜日・シーズンにより異なる。

出典:大和ハウス工業

大阪市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市中央区には宿泊施設が359、部屋数にして32,655室が提供されている。新規開業予定は38施設、部屋数にして7,557室が新たに供給される見込み。

同区内にはホステルが44施設確認された。また、同区内のホステルの平均客室単価は14,539円となっている。

【合わせて読みたい】

「ホテルWBFなんばBUNRAKU」2019年7月1日開業

グローバルエージェンツ「THE LIVELY大阪本町」2019年8月開業

アイピーシティホテル大阪内「TKPガーデンシティ心斎橋南船場」2019年6月1日開業

カプセルホテル朝日プラザ心斎橋、団体客対応の鍵付き団体部屋を新設

「ザ・ビー 大阪 御堂筋」2019年5月18日開業

関連記事