ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「サービス産業動向調査」11月宿泊・飲食は売上微減

「サービス産業動向調査」11月宿泊・飲食は売上微減

投稿日 : 2019.02.02

指定なし

ホテル統計データ

総務省では、サービス産業の生産・雇用等の状況を把握し、GDPの四半期別速報 (QE)を始めとする各種経済指標の精度向上等に資することを目的として、サービス産業動向調査を実施。この度、2018年11月分結果(速報)を取りまとめ、公表した。

同調査によると、11月のサービス産業の月間売上高は、31.7兆円。前年同月比2.2%の増加となった。

出典:総務省

産業別月間売上高では、 「運輸業,郵便業」(5.9兆円、前年同月比4.3%増)、「情報通信業」(4.7兆円、同3.8%増)など6産業が増加したものの、「宿泊業,飲食サービス業」については、2.3兆円で前年同月比0.1%減となった。
また、 「生活関連サービス業,娯楽業」(3.9兆円、同1.5%減)、「不動産業,物品賃貸業」(3.7兆円、同0.1%減)なども減少した。

出典:総務省

【合わせて読みたい】

総務省が「ポケトーク」のソースネクストへ厳重注意

多言語音声翻訳コンテスト、新しい発想・アイデアを募集

宿泊業売上高5月、前年同月比7ヶ月ぶりに減少

関連記事