ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 対話型AIプラットフォーム「Passage AI」

対話型AIプラットフォーム「Passage AI」

投稿日 : 2018.12.16

指定なし

インバウンド

ブロードメディア・テクノロジーズは、AI/NLP(自然言語処理)技術を使用したボット構築プラットフォーム「Passage AI」を提供するRupert Labs, Inc.と、パートナーシップ契約を締結し、ホテル業界等への対話型AI(チャットボットや音声アシスタント)ソリューションの提供を開始した。

業界最高レベルの95%以上の正確性

Passage AIのプラットフォームを活用することにより、従来のような長期の開発期間と高額な開発費用をかけることなく、カスタマーサポート、ITヘルプデスク、対話型コマースといった幅広い分野で、実用性の高い高機能なチャットボットを様々なユーザーインターフェースと連携して展開することが可能になる。

ブロードメディア・テクノロジーズは、このようなプラットフォームを顧客に提供するとともに、広くネットワークサービスを提供中のホテル業界等、個別のニーズに合わせたチャットボットを開発、提供する。

Passage AIを提供する Rupert Labs, Inc. は、2016年に設立されたシリコンバレーに本社を置くベンチャー企業。Passage AIのAI/NLP(U)技術は、大手百貨店チェーンのKOHL’S、教育機関のUdacity、世界最大級のプロフェッショナルサービスファームであるPwC、大手自動車メーカー、リゾートホテルチェーンなどに採用されている。

深層学習(ディープラーニング)は、多層化されたニューラルネットワークを用いて、コンピューター自身がデータの特徴をとらえ、従来人間が実行しているようなタスクをコンピューターが実行できるようにするための手法で、機械学習の一種。

自然言語処理(NLP:Natural Language Processing)、および自然言語理解(NLU:Natural Language Understanding)は、コンピューターが人間の日常的に使用する言語(音声やテキスト等)を処理、理解するための技術で、人工知能技術の一分野。

Rupert Labs, Inc. のCEO & Co-founder Ravi N. Raj氏は以下のコメントを寄せた。

「日本で初となるブロードメディア・テクノロジーズとのパートナーシップにより、当社の対話型AIプラットフォームを日本で提供できることを大変うれしく思っています。既に当社には日本企業からの複数の問い合わせが寄せられており、ブロードメディア・テクノロジーズと共にその対応を開始していますが、同社は非常に信頼できるインテグレーションパートナーであることを確信しています。2018年のTiEアワードをはじめ多くの賞を受賞し、95%以上の正確性で業界をリードするAI/NLPプラットフォーム“Passage AI”を、多くの日本企業の皆様に利用してもらえればと考えています。」

【合わせて読みたい】

AI 秋田犬「mofuu」が観光プランを提案

キャメル、宿泊業界向けAIチャットボット

アクティバリューズが情報セキュリティの国際認証を取得

チャットボットサービス「tripla」JR東日本実証実験に参画

「TRIP TROPチャットボット サービス」提供開始

多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉ヘルプデスク追加

関連記事