ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > キャメル、宿泊業界向けAIチャットボット

キャメル、宿泊業界向けAIチャットボット

投稿日 : 2018.12.04

指定なし

インバウンド

キャメルは人工知能を活用した、ホテル・旅館などの宿泊業者専用のAIチャットボットを使った問い合わせサービス「aicco(アイコさん)」を開始、予約手数料などが発生しない業界初の定額サービス。

aicco(アイコさん)イメージ画面

出典:キャメル

業界初の定額サービス、SNS搭載、多言語対応

株式会社キャメルは、人工知能を活用した、ホテル・旅館などの宿泊業者専用のAIチャットボットを使った問い合わせサービス「aicco(アイコさん)」を開発、2018年12月1日よりサービスを開始した。
AIチャットボットaicco(アイコさん)は予約手数料などが発生しない業界初の定額サービスで、インバウンド対応(5カ国語)や、付近の人気観光スポットを表示し、各宿泊業者のサイトで宿泊予約が出来る。
現在、宿泊業界の問い合わせ対応は、電話やメールで対応している為、従業員に大きな負担がかかっている。東京オリンピックを控え、外国人観光客も増加の一途をたどる中、問い合わせ対応の負担が、より一層、増加していくのが容易に想像できる。
それにはAIチャットボットは有効な手段だが、今の問合せAIチャットボットは問合せ数の制限が少なかったり、予約手数料が掛かったり、外部リンクが出来ないなど、ホテル・旅館にとって、かなり使いにくいモノだった。
そこで「aicco(アイコさん)」は、使用料を定額制にして、宿泊業者が待ち望んだ使いやすいAIチャットボットを開発した。

【aiccoの特徴】
導入の簡便さ
・現在使用のHPに「aicco(アイコさん)のバナーを貼るだけで簡単に導入出来る。
シンプルな定額制
・シルバープランでは月額10,000円だけで、別途宿泊予約の手数料が掛かったり、別途HPの利用が必須だったり、問合せ数が少なかったりすることがない。
宿泊予約は自社サイトで
・予約先のリンクは自社サイトなので、別途費用が一切かからない。 
LINEへの搭載
・SNSで人気のLINEやMessengerにも無料で利用できる。 
インバウンドへの対応
・5カ国語(英語、中国語(簡・繁)、韓国語、英語)対応で、さらにオプションで言語追加もできる。またプラチナプランでは、標準でフランス語とスペイン語を追加した、7カ国語対応となっている。
柔軟で拡張性の高いサービス
・画像や動画の表示、URL・地図アプリへのリンクなど外部リンクに対応している。
付近の観光地も案内
・有名スポットや、レストランなど観光客が問合せしそうな、近くの観光スポットを案内。
【導入のメリット】
売り上げアップに貢献
・aiccoは24時間365日、自動で対応出来る。気軽に質問ができる為、見込み顧客が離れることを防げる。
ニーズの把握
・問い合わせ内容は全てログとして残るので、ニーズが把握しやすい。
問い合わせ業務の負担軽減
・顧客からの問い合わせに自動で対応できるため、電話対応やメール対応業務の負担を軽減し、人員を配置する必要がなくなる。

【費用】
■シルバープラン 月額10,000円
5カ国語搭載、言語追加不可、月間応答数10,000件、デフォルトのアイコンのみ使用
■ゴールドプラン 月額20,000円
5カ国語搭載、言語追加可能、月間応答数25,000件、好きなアイコンに変更可能、近くの観光地を自動で案内
■プラチナプラン 月額30,000円
7カ国語搭載(スペイン語、フランス語)、言語追加可能、月間応答数50,000件、好きなアイコンに変更可能、近くの観光地を自動で案内

【合わせて読みたい】

アクティバリューズが情報セキュリティの国際認証を取得

チャットボットサービス「tripla」JR東日本実証実験に参画

「TRIP TROPチャットボット サービス」提供開始

多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉ヘルプデスク追加

関連記事